検索
メニュー
メニュー
新型コロナウイルス感染症予防の取り組みについて
  • 城西国際大学

 本日より秋学期がスタートしました。今期もオンライン授業を継続しますが、一部は対面授業を再開します。事情により対面授業に参加できない場合にはオンラインでも受講できる体制を整えており、学生の学びを止めないように対応してきます。感染防止のために本学で行っている対策の例をご紹介します。

正門・求名門に体温を測るサーマルカメラを設置

図書館では椅子の数を減らし、間隔を確保

図書カウンターには飛沫防止シートを設置

エレベーターには間隔を空けるように足跡マーク

食堂には仕切りを設置

テーブルには離れて食事するようにイラストを貼付

本部棟1Fにも飛沫防止シートを設置

各教室の黒板に消毒や換気の徹底などを促す注意事項を掲示

「授業前には手指のアルコール消毒を」と大学のキャラクター「Iちゃん」がフェイスシールド姿で呼びかけ