検索
メニュー
メニュー
緊急事態宣言の再発出に伴う本学の対応について
  • お知らせ

 新型コロナウイルス感染拡大による「緊急事態宣言」の再発出に伴い、本学の対応は以下の通りとします。学生、教職員の皆さんは感染対策に充分に留意し、自分自身を守るとともに社会の一員である自覚を持ち、行動するように心掛けてください。

感染対策の徹底について

・マスクの着用、手指消毒の徹底をお願いします。
・不要不急の外出を避けて健康管理に努めてください。
・電話・メール・SNSなどを利用するなどして、対面での話し合いはできるだけ避けてください。
・やむを得ず対面での話を行う場合には、飛沫感染を防ぐためにマスクやフェイスシールド等を着用し、2m以上の距離を保ってください。
・室内の換気を徹底してください。
・各キャンパスでは検温、使用設備の消毒、食堂等におけるパーテーションの設置などをさらに徹底します。

授業の運営について

 授業については、今日まで学内を発生源とした感染が無いこと、また、今日まで行ってきた感染対策を徹底することにより、学内における感染の可能性を最小限に抑えることができると考えています。これまで通り、オンライン授業を主体としつつ、ゼミナールや実験実習科目を中心に必要に応じて対面授業を取り入れる体制を維持します。緊急事態宣言発出における今後の国又は東京都及び千葉県からの要請により、急遽、全てをオンライン授業に変更する可能性もありますので、自宅でオンライン授業が受講できるように改めて環境を確認し、状況に応じて必要な措置を講じてください。

準正課活動(課外活動)について

 課外活動については、1月8日以降緊急事態宣言が解除されるまで、オンラインでの活動以外は原則停止といたします。既に許可を得ている活動計画は全て取り消します。
 1月12日以降に活動を行いたい団体は緊急事態宣言下にあることを十分に考慮の上、新しい活動計画書を学生サービス課に提出し、本学のCOVID-19対策本部の指示に従ってください。
 新しい活動計画においては以下の点を十分に考慮してください。

・活動計画を提出する際は、各団体においてリモートでのミーティングを行い、今後の活動における感染対策についての認識を十分に共有してから活動を再開してください。
・身体接触を伴う活動は停止とします。
・大きな発声や激しい呼気を伴う活動については、個人での練習としてください。
・活動時間は19時までとし、宿泊、夜間の活動は停止とします。活動終了後、20時には帰宅できるスケジュールで活動してください。
・活動への参加は任意とし、参加を強制しないよう指導と周知をお願いいたします。

 遵守事項を守らず、活動団体内での感染が拡大した場合、活動の許可を取り下げます。
 一人ひとりが危機感をもって感染拡大を防止する行動をしていただくようお願いいたします。

入学試験について

詳細はこちらをご確認ください。