検索
メニュー
メニュー
  • 城西国際大学
  • NEWS
  • 2020年度学生研究活動成果発表会の「オンライン表彰式」を開催しました
2020年度学生研究活動成果発表会の「オンライン表彰式」を開催しました
  • 城西国際大学

 本学の教員および学生を会員として、教育研究活動の推進を目的に活動している「城西国際大学学会」では毎年、「学生研究活動成果発表会」を実施しています。今年度は「SDGs(持続可能な開発目標)」をテーマに15団体が発表を行い、このうち、優れた成績を収めた3団体が3月12日、表彰されました。

 発表会は例年、千葉東金キャンパスで口頭もしくは展示により実施していますが、今回はコロナ禍の影響で、ウェブサイトでのポスター発表のみとなりました。表彰式もオンライン形式での実施となりましたが、最優秀賞の2団体、優秀賞の1団体の学生と指導教員が参加し、杉林堅次学長、倉林眞砂斗副学長、後藤武副学長からの講評に耳を傾けたり、代表の学生が研究成果を説明したりしました。

最優秀賞

中川ゼミ (メディア学部) 
研究テーマ:「劇場型文化施設の『まち』への貢献度の考察~地方小都市のケースにおける調査報告~」

 
メディア学部4年 阿天坊咲さん

三学部連携「地域連携」プロジェクト (メディア学部・福祉総合学部・環境社会学部)
研究テーマ:「発達段階と『創造的認知』の相関について ピアジェ理論『前操作期』における―考察」

代表学生:メディア学部2年 千坂真希さん
 

優秀賞

ハーブ園プロジェクト2020 (薬学部) 
研究テーマ:「レッドリストのハーブたち ―和ハーブ・ヒメハッカを栽培して―」

代表学生:薬学部3年 鵜澤愛さん


参加15団体の発表はこちら

杉林堅次学長(下段中央)による講評を、オンラインを通じて聴く学生ら(上段)