検索
メニュー
メニュー
  • 城西国際大学
  • NEWS
  • 麹町中の1年生がメディア学部の学びを体験 アニメや芸能の実習に興味津々
麹町中の1年生がメディア学部の学びを体験 アニメや芸能の実習に興味津々
  • 城西国際大学

カメラとモニターを前に、竹藤佳世准教授(右)が撮影の手順を説明

高桑真恵准教授(右)からアドバイスをもらいながら、タブレットで描画体験

CG技術の進化について説明する中村陽介助教

地下スタジオで、ステージにおける照明や音響の効果について話す中川晃助教

望月純吉准教授(中央奥)の演出で、「桃太郎」を即興で上演



 麹町中学校(東京都千代田区)の1年生32名が3月12日、本学東京紀尾井町キャンパス3号棟を訪れ、メディア学部で体験実習を楽しみました。本格的な機材やスタジオで、アニメ制作、演劇、ステージ演出などに挑戦した生徒らは、初めての経験に目を輝かせていました。

 

 麹町中では3年前から、キャリア教育の一環として「ミライ探究フィールドワーク」を実施しています。1年生が企業や大学、専門学校などを訪問し、さまざまな仕事や高等教育の学びに触れ、「未来の自分」をイメージし、進路を考えるきっかけを得ることが狙いです。コロナ禍ではありましたが、本学と麹町中学校は徒歩3分に位置することから、安全に移動でき、また、本格的な学習の機会を提供したいという本学の教員の思いもあり、この日の体験実習が実現しました。

 

 引率の手塚景太教諭が見守る中、生徒たちは「映像」「アニメ・CG」「芸能」「ステージ」の4分野から、希望する教室へ。映像を専門とする竹藤佳世准教授から、テレビやウェブサイトで公開されている動画の撮影方法を教えてもらったり、アニメ・CG担当の高桑真恵准教授、中村陽介助教の指導で、ブラシやタッチペンを駆使して24インチのタブレットに描画したりと、充実した1時間を過ごしました。

 

 地下のスタジオでは、「ステージ」担当の中川晃助教が照明や音響の機材操作の実演を披露しました。ダンスする学生の動きに合わせて照明の色調や強弱を変えたり、音楽の音量や音質を調整したりすることで得られる「ステージ映え」効果に、生徒らから驚きの声が上がりました。

 

 「芸能(演劇)」を選択した生徒は、4号棟3階のレッスン教室に移動。2班に分かれて昔話「桃太郎」の演出に挑戦しました。桃太郎の生い立ちやおじいさんが桃を拾った動機によって、演じ方や見せ場が大きく変化する様子を目の当たりにした生徒らは、演劇表現の楽しさにすっかり夢中に。場面や人物を緻密に設定することが大切であると説明する望月純吉准教授の言葉に、大きく頷いていました。

 

 実習終了後は全員で、大学や大学院の組織や役割、使命を望月准教授や袁福之教授から学びました。最後に、学内に併設されている、学校法人水田記念博物館大石化石ギャラリーを見学し(現在は学内利用のみ)、学芸員の宮田真也さん(理学博士)からの説明を受けました。

 

 生徒らは「テレビ番組を作るには多額な費用がかかると知り、驚きました」「本格的なカメラセッティングを体験ができて、感動しました」「違った演出の視点で考えると、作品のテーマが変わることが分かり、面白かったです」「人生初のバーチャル体験ができて楽しかった」「照明をつけるタイミングやボリュームでステージ全体の雰囲気がガラッと変わり、重要な役割を果たしていると分かった」など、実感のこもった感想を寄せてくれました。