検索
メニュー
メニュー

カリキュラムポリシー

  • カリキュラム

看護学部では,教育研究上の目的及び学部の目指す人材育成に基づき,国際的視野をもち,基礎教養と薬学及び福祉の見識を兼ね備えた実践能力のある看護識者を育成するために,以下に掲げる方針に則ってカリキュラムを編成する。

  • グローバル化する社会のニーズに応えるための能力を初年次から身につけていくために、学科共通科目群Ⅰ(グローバルリテラシー)をおく。
     
  • 臨床現場のIT化に対応できる基礎力を養うために学科共通科目群Ⅱ(メディアリテラシー)をおく。
     
  • 看護を学ぶための基礎力を初年次より培うために、ケアの対象である“人”への理解を深め、自然科学の持つ法則性、人文科学の持つ多様性を学ぶ学科共通科目群Ⅲ(ヒューマンサイエンス)をおく。
  • 初年次より自らテーマを設定し、能動的に学修することによりキャリア形成の基盤とする、キャリア形成科目群をおく。
     
  • 専門科目の基盤となる知識として、福祉、保健・医療、薬学に関係する学問を概括する専門基礎科目群Ⅰ(いのち・福祉を学ぶ)、専門基礎科目群Ⅱ(保健・医療を学ぶ)、専門基礎科目群Ⅲ(くすりを学ぶ)をおく。
     
  • 看護学の基本と、健康レベル、生活の場の違いによる看護実践の基礎的能力を講義・演習・実習を通して養うことができるように、専門科目群Ⅰ(基礎看護学分野)、専門科目群Ⅱ(クリニカルケア分野)、専門科目群Ⅲ(母子保健看護学分野)、専門科目群Ⅳ(地域包括ケア分野)、特殊な状況下にある看護並びに看護の在り方や看護職者の役割の理解を深めるための専門科目群Ⅴ(看護の統合と実践)、保健師国家試験受験資格取得のための専門科目群Ⅵ(保健師)、助産師国家試験受験資格取得のための専門科目群Ⅶ(助産師)、養護教諭1種免許取得のための専門科目群Ⅷ(養護教諭)をおく。