検索
メニュー
メニュー

ディプロマポリシー

  • カリキュラム
  1. 知識·理解
    • ライフサイクルのすべての段階にある人の健康時から健康障害のあらゆる場面における看護を実践するための基礎理論が理解できる。
    • 人間の尊厳について深い洞察力をもち、人間の権利、患者の権利を尊重して、その人の立場に立ってケアを提供することを理解できる。
    • 看護に活用できる薬学と福祉に関する知識を理解できる。
    • グローバルな視点から民族的多様性を理解した上で健康や看護の役割を理解できる。
    • 保健医療福祉におけるチーム医療の役割と協働について理解できる。
    • よりよい看護の実現に向けて専門職として研鑚できる。

  2. 汎用的技術
    • ライフサイクルのすべての段階にある人の健康時から健康障害のあらゆる場面で提供できる看護技術を修得している。
    • 教養教育の幅広い視野と複眼的な思考力・判断力を活用して、人間の生命、健康、生活についての深い洞察力と専門職としての倫理に基づいて行動することができる。
    • 人々の多様な価値観・信条や生活背景をもつ人を尊重し、人々の尊厳と権利を擁護する行動をとることができる。
    • 医療チームを機能させるためのチーム形成を意識し、リーダシップやメンバーシップをとることができる。
    • 薬物治療における副作用の発現を早期に発見し、健康の回復促進を図ることができる。
    • 国際的な素養を身につけている。
    • 自己の看護実践を振り返り、専門職としての価値観や専門性を発揮することができる。
  3. 態度·志向性
    • 看護の対象となる人々の尊厳と権利を擁護する態度を有している。
    • 教養教育と専門教育、特に薬学および福祉の学際的見識を通して、看護専門職としての価値と専門性を発展させる姿勢を有している。
    • 地域医療に関心をもち、課題解決に向けて考え、地域医療の充実に貢献しようとする。
    • 看護専門職として主体的かつ持続的に生涯にわたり研鑚を積んでいく態度を有している。
  4. 総合的な学習経験と創造的思考力
    • 自己の専門性を発揮し、ケアの質の向上に向けて探究できる。
    • 自らの専門職者としての価値観を形成することができる。