検索
メニュー
メニュー

2019年度1年次アメリカ研修6日目

  • アメリカ研修:1年次
UCRメインキャンパスにて
 

5月16日(木)

UCR Medical School/ UCRキャンパスツアー/UCRキャンパスでの講義

 本日はDr.Juliann Perdue先生による『看護のABCとは』、『医療英語』についての講義がありました。また、UCR Medical School (医学部)Dr.David Lo先生より、地域における医療の担い手というUCR Medical Schoolの大きなミッションについて知ることができました。先生方は、ゆっくりと、分かりやすい英語を使い、ジェスチャーを交えながら話してくださいました。学生参加型のアクティブなご講義をくださり、お蔭様で学生たちはとても積極的に授業に参加していました。

 

<学生の記事 : B-red>

 本日はUCRにて、午前中は2つの講義がありました。『看護のABCとは』講義の中のアニマルセラピーの話題はとても興味深いものでした。動物に癒してもらうだけでなく、リハビリの手伝いなど幅広い看護のアシスタントをしてくれるものだと知りました。2つ目の講義は、UCRの医学部より、実際に医師として活躍されている先生が来てくださりました。そこでは、地域医療のニーズに応えていくことの大切さについて学ぶことが出来ました。午後は、UCRのメインキャンパスツアーに行きました。多くのUCRの品物は、ロゴの入った可愛いグッズが沢山あり楽しい時間を過ごしました。明日は最終日なので一層気を引き締めていきたいです。

セラピー犬
 
アメリカの先生と看護学生と記念撮影
 
医学部の先生の講義