検索
メニュー
メニュー

第13回 城西国際大学 生涯教育講座を開催しました。

  • 生涯教育講座
170522-01-01.jpg

第13回城西国際大学生涯教育講座が、5月20日(土)に埼玉県坂戸市の城西大学清光ホールにて開催されました。「睡眠障害の治療を考える」をテーマとして、3演題の講演がなされました。

まず「認知症のかんたん診断と治療」という演題で平川亘先生(池袋病院副院長)にご講演いただきました。興味深いことに、認知症の治療薬として処方される薬によって、逆に症状が悪化している例が少なからずあり、患者と病状をよく見て治療にあたることの重要性を話しておられました。

2題目は「日本から世界へ」という題で、田中宜之先生(MSD株式会社)に、本邦で開発された睡眠薬であるスボレキサントについて、医薬品開発の現状も踏まえてご講演いただきました。

3題目は太田昌一郎先生(城西大学薬学部)が、「夜間頻尿に伴う不眠治療」という演題で、高齢者の夜間頻尿の原因と治療において、特に効果が顕著であった事例についてご講演いただきました。さらに薬だけではなく、改善効果が期待されるサプリメントや食品についても話されていました。 卒業生のみでなく、在学生にとっても有意義な講座となりました。

報告者:山崎 研(生涯教育・卒後教育委員)