検索
メニュー
メニュー

東金市産業祭で検査測定室を実施

  • 地域教育
  • 5年生
検査測定室の様子
集合写真

11月18日、山武郡市薬剤師会、千葉県国民健康保険団体連合会との協働で検体測定室を実施しました。生活習慣病の予防や早期発見に役立つ健診の受診率が東金市は40%未満と低く、問題となっています。そこで3年前より、東金市産業祭にて健診受診の普及啓発を目的に、検体測定室を開設しています。今年度も朝早くから行列ができ、70名以上の参加者を対象にHbA1cと血管年齢、脳年齢、握力を測定しました。5年生も地域貢献や研究のため参加しました。地域の方々の声を直接伺うことで、授業では学べない多くのことを感じた様子でした。これからも地域の健康増進に貢献していきます。