検索
メニュー
メニュー

千葉県立東金高等学校国際教養科と高大連携授業を実施

  • 地域教育
  • 教員活動

 1月11日、本学と千葉県立東金高等学校国際教養科との高大連携授業である「課題研究」の最終発表会が行われました。同発表会には千葉県教育庁職員も参加し、高校生が1年間取り組んできた研究成果を発表しました。
 この高大連携授業は2018年4月~11月にかけて数回行われ、本学教員は、テーマ設定から発表まで論理的に組み立てる方法について高校生に講義しました。必要な情報の収集方法や新たなアイディアを生み出す方法としてのスモールグループディスカッションやKJ法など、情報を統合し知識や知恵に変換していく過程では、高校生から「多くの意見を取り入れることで、よりよい意見が作り出されることに気付いた」などの感想をいただきました。
 これからも城西国際大学は地域教育との連携に、積極的に取り組んで参ります。