検索
メニュー
メニュー

国内ドラマ史上初、薬剤師が主人公 「アンサング・シンデレラ」に注目を

  • JIU薬学生
水田記念図書館で紹介コーナーを設置しています
(提供:フジテレビ)

薬剤師の奮闘を描く医療ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」が7月16日(木)午後10時から、フジテレビ系でスタートします。病院薬剤師が主人公となるのは日本の連続ドラマ史上初とのことで、薬剤師の仕事の魅力や重要性が視聴者に伝わることが期待されます。

原作は「月刊コミックゼノン」(コアミックス)で連載中の「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」(作・荒井ママレ、医療原案・富野浩充)。薬剤師の実情がリアルに描かれた作品として、薬学部に通う大学生にもよく読まれている人気コミックです。今回、葵みどりを演じるのは石原さとみさん。キャリア8年目の薬剤師役です。西野七瀬さん演じる新人薬剤師や、薬剤部部長(真矢ミキさん)、副部長(田中圭さん)らとともに、縁の下の力持ち(=アンサングヒーロー)として医療現場を支える姿が描かれます。

新型コロナウイルス感染症拡大によって、医療従事者に注目が集まる中、薬剤師の仕事への理解を深めるきっかけとして、このドラマをご紹介します。