谷内 幸喜
(たにうち こうき)

  • 教授
役職名

福祉総合学部長

職位

教授

担当科目

理学療法学セミナーⅠ、理学療法学セミナーⅡ、疾患別理学療法学演習a(神経系)、中枢神経系理学療法学、中枢神経系理学療法学実習、理学療法学総合演習Ⅰ、他

略歴

1984年 国立善通寺病院附属リハビリテーション学院 卒業
1984年 公立三豊総合病院
2000年 総合リハビリテーション伊予病院リハビリテーション部長
2000年 愛媛大学法文学部 卒業
2002年 愛媛大学大学院法文学研究科修士課程 修了
2008年 広島大学大学院保健学研究科博士後期課程 修了
2008年 大阪物療専門学校 理学療法学科長
2012年 大阪物療大学保健医療学部 教授
2013年 大阪河﨑リハビリテーション大学リハビリテーション学部 教授、学生部長
2017年 城西国際大学福祉総合学部理学療法学科 教授

学位・資格・免許

博士(保健学)
理学療法士
登録理学療法士
介護予防認定理学療法士
神経理学療法・小児理学療法専門理学療法士
心血管・呼吸・糖尿病理学療法専門理学療法士
健康運動指導士
介護支援専門員

社会貢献・学会活動

愛媛県社会福祉協議会運営委員 愛媛県社会福祉協議会運営委員研修講師(1996年~現在)、愛媛県介護支援専門員実務研修指導者 愛媛県介護支援専門員実務研修講師(1999年~現在)、愛媛県生涯学習講師(リハビリテーション領域)(2000年~現在)、他

専門領域

神経系理学療法学、介護予防学、リハビリテーション管理学

研究テーマ

生体運動力学を応用した神経系理学療法評価および治療学の確立

著書・論文・学会発表

<著書>
脳損傷の理学療法2 回復期から維持期のリハビリテーション.理学療法MOOK2,三輪書店,1998
物理療法.理学療法MOOK5,三輪書店,2006
 <論文>
健常者における身体柔軟性と直立姿勢保持能力に関する研究.保健医療学雑誌 4(2):41-49,2013
体位変換刺激時における脊髄損傷患者の血圧と心拍数変動に関する研究.大阪河﨑リハビリテーション大学紀要,9 (2):71-77,2015
脳卒中片麻痺患者における立ち上がり動作開始時姿勢と立ち上がり動作パターンの関係.The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 2015, 52(Suppl.): S402,他
 <学会発表>
脳卒中片麻痺者に対する体幹部回旋他動運動が歩行動作に及ぼす影響 ―麻痺側swing動作の変化から―.第51回日本理学療法学術大会,札幌,共著,2016
足漕ぎ車椅子が脳卒中片麻痺者の歩行に与える影響について.第51回日本理学療法学術大会,札幌,2016
脳卒中片麻痺者の立ち上がり動作パターンの検討 ―上方移動開始時の身体重心と足圧中心の位置関係から―.第53回日本リハビリテーション医学会学術集会,2016,他

学生へのメッセージ

理学療法士として、急性期病院やリハビリテーション医療を中心に行う回復期病院に24年、教育機関に9年関わってきました。その経験値を最大限に生かし皆さんを立派な理学療法士に育てていきたいと考えています。まずは「理学療法士」に興味を持つことで一緒にエンジョイしていきましょう。