原田 恭宏
(はらだ やすひろ)

  • 助教
職位

助教

担当科目

人間発達学、人体の構造演習、疾患別理学療法治療学実習(神経系)、理学療法技術演習(発達・高次脳)、理学療法技術演習(徒手技術)、臨床実習Ⅰ、他

略歴

1988年 行岡医学技術専門学校 卒業
1988年 安永病院
1990年 誠愛リハビリテーション病院
1995年 小文字病院 リハビリテーション科 科長
1999年 新行橋在宅介護センター センター長
2004年 八千代リハビリテーション学院 専任教員 教務主任
2005年 放送大学教養学部 卒業
2009年 放送大学大学院文化科学研究科修士課程 修了
2010年 東京医療学院 専任教員 副学科長
2015年 城西国際大学福祉総合学部福祉総合学科 准教授
2016年 城西国際大学福祉総合学部理学療法学科

学位・資格・免許

修士(学術)
理学療法士
登録理学療法士
日本PNF学会上級インストラクター
介護支援専門員

社会貢献・学会活動

日本PNF学会理事(1994年~現在)、動的モビライゼーション学会理事(2010年~現在)

専門領域

中枢神経系理学療法学、徒手技術学、PNF、脳神経科学

研究テーマ

複合運動が脳活動に及ぼす影響、PNF

著書・論文・学会発表

<著書>
PNFマニュアル改訂第3版,南江堂,2011
<論文>
肩甲骨への抵抗運動による静止性収縮促通手技が足関節背屈自動関節可動域に及ぼす効果.PNF research, 18, 2018
筋電計に実装されている高域遮断フィルタが表面筋電図に及ぼす影響.城西国際大学紀要, 25 (3), 2017
携帯型組織硬度計を用いた痙縮筋の量的評価方法の妥当性.城西国際大学紀要, 25 (3), 2017
下部体幹筋群の静止性収縮が整形外科疾患患者の股関節伸展自動関節可動域に及ぼす効果の検証.PNFリサーチ, 15, 33-38, 2015
一側肩甲骨に対する抵抗運動が同側ヒラメ筋H波に及ぼす影響.PNFリサーチ, 15, 54-60, 2015
上肢の抵抗運動による静止性収縮促通の膝関節伸展自動可動域の遠隔刺激後の効果. PNFリサーチ, 13, 30-37, 2013,他
<学会発表>
臨床能力向上に向けた学内教育の検討第2報.第47回日本理学療法学術大会,理学療法学39,pGe0073,2012
客観的臨床能力試験におけるコミュニケーション能力と臨床実習.第46回日本理学療法学術大会,理学療法学38,pOS3-079,2011,他

学生へのメッセージ

大学での学びと経験を通して皆さんの個性をいかした理学療法士になってください。いろんな人と出会い語らい大学の特長をいかして国際感覚を身につけ、またいち早く自分の学習方法を見つけて大いに勉強しましょう。困ったことがあったら何でも相談してください。