アスリートサポートサークル活動報告Ver3

  • イベント

 JASTはアスリートをサポートすることに興味を持つ学生が集う理学療法学科のサークルです。
今回は、キネシオロジーテープを用い、スポーツ活動において生じる肘・膝の痛みに対処するテーピング方法をトピックとしました。 

 テーピングをテーマとした活動は今年度に入り3回目となります。難しいながらもお互いに何度もやり直しながら練習をしていました。何度も何度も巻く練習をしていくことが大事で、学生同士、テーピングの効果を確認しながら頑張っていました!
 

本学の理学療法学科では、本来の授業以外にスポーツ理学療法に携わる場をつくり、学生に経験・学びの場を幅広く提供することを意識しています。
 

肘のテーピング練習➀
 
肘のテーピング練習➁
膝のテーピング練習➂
 


本活動は大学の規則に則り、参加者全員の体調上の問題がないことを確認し、マスクや手指消毒・換気などの感染対策を十分に行った上で実施しました。