検索
メニュー
メニュー

1年生が千葉県千葉リハビリテーションセンターを施設見学しました(2017年度)

  • 実習・見学

1年生、千葉県千葉リハビリテーションセンターを施設見学(2017年度)

千葉県千葉リハビリテーションセンターは、小児から成人、高齢者に至るまで、障害のある方々の家庭復帰や社会復帰に向けての総合的なリハビリテーションを行っている施設です。ここでは多職種がチーム一丸となってリハビリテーションに取り組んでおり、授業で学んだ『チーム医療』という言葉を本当に理解する上でも、とても貴重な体験となりました。学生たちは、理学療法の奥深さや難しさの一端に触れて、理学療法のより広い可能性を感じる見学となりました。

10月下旬から11月上旬にかけて、1年生が千葉県千葉市にある「千葉県千葉リハビリテーションセンター」を施設見学しました。今回学生たちは、白いユニホームを着用しての初めての施設見学でした。このため、やや緊張した面持ちでしたが、真剣に説明を聞いていました。

171107-01-01.jpg

義肢・装具の説明

171107-01-02.jpg

移乗動作の体験

見学から戻った後は、「小児のリハビリテーションに興味が沸いた」、「理学療法の可能性の大きさを感じた」、「なぜ今の勉強が大切なのか理解できた」等、将来、自分達が進む道に対してよりモチベーションが高まった、という感想が学生たちから多く聞かれました。

最後に、お忙しい中、時間を割いて説明・質疑応答に対応してくださった村山先生始め、今回の施設見学にあたりご協力いただきましたスタッフの方々、快く見学させてくださった患者さま、全ての方に心より感謝申し上げます。