検索
メニュー
メニュー

子ども福祉コース講義内容

  • カリキュラム
352-01.jpg

子ども家庭福祉論

本講義では、社会福祉士に求められる子ども家庭福祉(児童福祉)に関する基本的知識の習得を目指す。具体的には、児童や家庭の社会問題及び児童福祉の理念・歴史・法制度・サービス・援助方法についての理解を図る。

保育の心理学Ⅰ

保育に必要な乳幼児期の心理学について、学ぶことをねらいとする。具体的には、遊びと体験、親とのかかわり、他者の心を知る、コミュニケーション能力の発達、自己と情動の発達、道徳性の芽生え、発達のつまずきなどの領域の発達を学ぶ。

音楽入門

「保育指針」「教育要領」に示された「表現」指導の一環として保育士や教諭に必須となる「ピアノを主体とした鍵盤楽器奏法」および「童謡唱歌等の歌唱・伴奏法ならびに弾き歌いの技能」を修得し、現場で実践できる能力を養うことを目標とする。

保育の表現技術(造形)

授業のテーマ

本授業は幼児の造形活動を指導する力を身につけていこうとする学生が、まず、その楽しさに気づき、造形に関する基本的な知識と技術を意欲的に修得することを目的とする。図画工作に用いる道具や材料の特性を学び、技法や形と色の秩序などの知識を自らが作品を制作することを通して学んでいく。
美術作品や自然に触れて、美しいものへの関心を深め、感受性を磨いていく。さらに工夫をし、新しいものを創造していく発想力を身に付けていく。子どもの造形指導のための知識と技術、感受性と表現力の基礎を学び耕していく。

授業の概要

本授業は幼児造形の指導を行う上で、基本的な材料、道具、方法の知識を修得し、それらを使いこなすための技術を磨くために、学生自身が造形体験を積み重ねていく。幼児の視点に立って共に発見し、驚き、喜ぶことができる感受性を獲得するために、自然観察、かたちの見立て、からだを使っての造形を取り入れた授業を行う。

幼児体育

「基礎技能(体育)」で学んだ運動遊びに関する知識と技能を活かし、より発展的な運動遊びの指導計画の立案と実践を行う。さらに、幼児期に必要な動作の確認と習得するための遊びの実践、外遊びの王様でもある各種鬼ごっこを学ぶ。
など