検索
メニュー
メニュー

介護福祉コースの履修系統図・講義内容

  • カリキュラム

履修系統図

講義内容

生活支援技術Ⅰ

授業の目的・ねらい

年齢や障がいいかんにかかわらず、また施設、在宅を問わず、介護を必要とする人が安心してその人らしく日々を過ごすためには、的確な介護技術に基づく良質な介護が求められる。そのためには、提供するうえで根拠となる利用者の生活している状態を的確に把握し、自立支援に資する介護を他の職種と連携し、計画的に提供することを理解する。「こころとからだのしくみ」で学んだ人体の構造や機能に基づき、あらゆる介護場面において共通する基本的な介護の知識・技術・態度を習得し、適切に実践できることをねらいとする。

授業の概要

介護実践は、利用者個人の尊厳を保持しながら、利用者が主体的に生活できるよう支援することであり、領域「人間と社会」で学んだ尊厳と自立・自律した生活を支える生活支援技術を理解し実施できることである。そのために、利用者の置かれた状態・状況を「こころとからだのしくみ」で学んだ知識を応用してアセスメントし、私たちが日々営んでいる基本的な日常動作の原理・原則について理解しながら、適切な生活支援技術を習得する。快適で安全な生活や介護に適した寝具・住環境整備、福祉用具の活用についても理解する。

介護概論Ⅰ

目的・ねらい

介護福祉の専門職として、介護を必要とする人を「生活する人」として受けとめ、一人ひとりの利用者の意向や生き方、生活習慣など「その人らしさ(個別性)」を大切にすることを学び、尊厳を守る介護、自立に向けた介護について理解を深める。

概要

介護の意義と役割及び専門性について、介護の歴史や関連法規を通して理解し、介護実践の基本姿勢についてノーマライゼーションやICFの考え方、介護予防などについても十分に理解し、尊厳を支えるチームケアの必要性を学ぶ。講義を中心として、事例や資料、視覚教材を用いてグループワークや意見交換も交えながら進めていく。

こころとからだのしくみⅠ

近年の介護現場では、利用者の心身の状況の重大化、また重度であっても住み慣れた地域で住み続ける傾向にあり、介護福祉士としての対応すべき業務の範囲が拡大している。このような現在の介護現場で多様なニーズをもった利用者に、人体の構造と機能、心理的、社会的ケアを含む包括的な視点から介護を提供できることを目的とする。
こころとからだのしくみIでは、利用者の状態をみて、その状態がどのような要因から引き起こされているのか、こころとからだの両面から理解するための基礎的な知識を学ぶ。

認知症の理解Ⅰ

増え続ける認知症高齢者に対し、プロの介護者としてどう対応していけばいいのかを学ぶためには、先ず、認知症という病気をしっかりと認識することが必要である。 認知症の原因、病態、症状を知り、認知症高齢者の心理を理解し、日常生活をどう支えていくかを学ぶ。

介護過程Ⅰ

他の科目で学んだ専門知識・技術を統合し、利用者を主体とする生活支援活動の展開方法を具体的な事例を用いて学ぶ。

到達目標

  1. 介護過程の必要性が理解できる
  2. 介護過程の構成要素を理解する
  3. 利用者の尊厳を守り自立に向けた介護過程の展開プロセスを理解する
  4. ケアマネジメントのしくみと介護過程の関係が理解できる
    など