検索
メニュー
メニュー

井上 敏昭
(いのうえ としあき)

  • 教授
役職名

学部長

職位

教授

担当科目

国際福祉論,人間学,Communication for Community Work,ゼミナールⅠ・Ⅱ(福祉文化ゼミ「他者と互いに理解しあうとは」),社会福祉基礎論Ⅱ(福祉社会研究法)(大学院),福祉社会演習(大学院)

専門領域

文化人類学

研究活動等

専門は文化人類学です。アラスカで狩猟・採集文化を維持している先住民社会で現地調査を行って、彼ら独自の文化、とくに社会的な助け合い(食物分配や相互扶助)の研究をしています。ここ数年は、先住民の伝統的な教育法を、問題を抱えた若者の支援に応用する方法の確立を目指して先住民の友人たちと奮闘しています。
日本では、卒業生とのご縁で、八街市の地域自立支援協議会に参加し、障害者支援をともに考えています。
ゼミナールでは、「人々の営みから「幸せ」を考える」と題して、国際福祉分野のように文化の違いを越えるものを中心に、広義の「福祉」すなわち人間の「幸せ」に関するテーマを履修生一人一人が自由に設定して、そのテーマに関して、フィールドワーク(インタビュー、参与観察などの実地調査)を行います。私が文化人類学者なので、フィールドワークの指導は本格的に行っています。

学生へのメッセージ

大学では,友人や実習先の利用者と積極的に向き合って,相手のことを理解し自分のことも理解してもらえるよう努力してみましょう。その経験から学んだことは,一生の宝となるはずです。