検索
メニュー
メニュー

林 和歌子
(はやし わかこ)

  • 准教授
職位

准教授

担当科目

人間関係とコミュニケーション,コミュニケーション技法Ⅰ,介護実習,ソーシャルワーク演習,ソーシャルワーク実習,人間学

専門領域

高齢者福祉,社会福祉援助技術論

研究活動等

高齢者の自己決定をを支える支援、高齢者エンパワメントの方法、社会福祉専門職の倫理教育など、高齢者ケアに関わる問題について研究を行ってきました。現在は、高齢者の望む生活を可能にするターミナルケアのありかたや、介護福祉士実習の評価方法などをテーマに研究を進めています。

(著書)
1.『福祉キーワードシリーズ「権利擁護」』(編著 高山直樹・川村隆彦・大石剛一郎)「エンパワメント」「ストレングス視点」2002年 中央法規出版
(学術論文等)
1.「エンパワメント実践から考察する高齢者のパワーレスネス及びストレングスの解明」 2002年 3月 城西国際大学紀要経営情報学部第10巻第一号 (単著)
2.「高齢者福祉従事者支援におけるネットワークの可能性-岩手県宮古市の介護支援専門員の事例を中心に-」 共著2003年 3月 城西国際大学紀要経営情報学部第11巻第一号 (共著 矢野明宏)
3.「社会福祉従事者サポートにおけるネットワークの機能と役割-岩手県宮古市の事例をもとに-」 2004年 3月 城西国際大学紀要経営情報学部第12巻第一号 (単著)
4.「在宅介護における高齢者の医薬品適正使用の推進 -パート1:訪問介護員を対象としたアンケート調査- 2007年9月」 医療薬学第33巻第9号 日本医療薬学会、薬事日報社 (共著 富澤崇、猿田裕子、高松昭司、藤代成一、中島新一郎)
5.「社会福祉士養成における倫理教育の現状と課題 」―テキスト解析を用いた専門職養成教科書分析―2013年03月31日(平成25年) 「城西国際大学紀要」第21巻第4号(福祉総合学部)
6.「ルーブリック版実習評価尺度の開発」 2016年03月31日(平成28年) 「城西国際大学紀要」第24巻第3号(福祉総合学部) (共著 広瀬美和・大内善広・小川智子・清水正美・林和歌子・堀千鶴子・佐野智子)
7.「ルーブリックを用いた介護実習評価法の開発」 共著 2018年03月31日(平成30年) 「城西国際大学紀要」第26巻第3号(福祉総合学部) (共著 大内善広)
(書評、エッセイ等)
1.「高齢期における結婚生活」Susan Turk-Charles and Laura L.Carstensen"Marriage in Old Age"翻訳 P3~18『日米女性ジャーナル』2000年12月発行、城西国際大学国際文化教育センター
2.「母子生活支援施設の歩み-母子寮の歴史をたどる 福島三恵子」書評p45「季刊 公的扶助研究」第182号 2001-7、全国公的扶助研究会

学生へのメッセージ

人は1人で生きているのではなく,いつも誰かと助け合って生きています。まずは自分を理解し,相手を理解し,そして助け合う力を身につけることができれば,と願っています。