検索
メニュー
メニュー

福祉総合学科の学び

  • 学科の特色

笑顔を創る「福祉力」を身につけて、人を、社会をしあわせにできる専門家に

社会福祉·精神保健福祉、子ども福祉、介護福祉の3つのコースから自分の将来に対応したコースを選択します。各コースには、それぞれ取得すべき国家資格が用意されています。
それらを学び資格取得をめざすことで、各分野で活躍できる専門職としての実践力と総合力を身につけます。この力をつけるプロセスで将来の「自分づくり」を支援しています。

3コースから専門分野を選択

「保育士になって子どもの成長にかかわりたい」「社会福祉士になって患者さんと家族の退院後の暮らしを支えたい」「警察官になって地域の安全を守りたい」など、さまざまな夢を実現できます。福祉力をベースに、時代と社会のニーズに応える力を身につけましょう。
 

ダブルライセンス取得が可能

社会福祉コース(ソーシャルサービスコース)では、社会福祉士と精神保健福祉士(ともに国家試験受験資格)、子ども福祉コースでは保育士と幼稚園教諭一種(ともに卒業と同時に取得)または保育士と社会福祉士(国家試験受験資格)のダブルライセンスの取得が目指せるカリキュラムを用意しています。もちろん、資格取得に向けて福祉教育センターによるサポート、福祉専門研究や福祉応用研究などの受験学習のための授業、受験講座、自主学習グループへのサポートなど国家試験合格プログラムが充実しています。

キャンパス外にも広がる学び

福祉を学ぶには問題意識が大切です。いま私たちが暮らす社会は幸せな社会なのか、高齢者や子ども、障がいのある方にとってやさしい社会なのかなどの問題意識が「福祉力」を身につける第一歩となります。福祉総合学科ではキャンパスを飛び出したフィールド教育を通して、この問題意識を育てます。問題意識から、将来、「福祉力」を活かした仕事をするために必要な理論と専門知識を深め、技術を身につけます。また、福祉グローバル基礎研修(1年生全員)や福祉グローバル研修は、海外の福祉施設・機関の視察、授業聴講や学生交流を通じて、福祉の未来を考察するとともに異文化への理解も深めます。地域福祉研修は、地域社会における福祉のあり方を実体験し、その理解を深めます。

総合大学ならではの専門職連携教育

医療現場では、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、薬剤師など、さまざまな専門職者が協働して患者に関わります。本学では総合大学の利点を生かし、看護学部、福祉総合学部、薬学部が合同で専門職連携教育を実施。他職種者の視点や考えを学び、チームで協力しながら目標達成を目指します。

多彩な教員による少人数ゼミ

福祉総合学科のゼミでは、少人数教育のもと専門家として活躍するための「課題発見力」と「課題解決力」を養います。「子どもの貧困と影響」「しつけと虐待の境界線」「スポーツ漫画における福祉的視点」「被災地の福祉支援活動の現状と課題」「VRの福祉への活用」など、多彩なテーマを研究できます。

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)