検索
メニュー
メニュー

【子ども福祉コース】 「保育実習室」を新設!

  • NEWS

2019年4月、子ども福祉コースの新しい教室が誕生します。
「保育実習室」は、保育者をめざす学生のための教室です。保育園や幼稚園など実際の保育の現場に近い環境となっていて、より実践的な保育の学びができます。この実習室で、学生は、将来、保育者として働くのに必要な保育技術を身に着けるため、子どもの育ちを促す保育環境を自分たち自身で考えて模擬保育を実践していきます。

この教室は、近隣にお住まいの親子を対象とした子育て支援の場(「子育て支援ルーム“くじらキッズ”」)としても活用していきます。これまで子ども福祉コースでは、「親子ふれあい(子育て支援)ルーム くじらキッズ」を開催してきました。4月からは、より多くの親子が自由に遊べる場となるよう、学生にとっては、親子と実際にかかわるなかでより実践的な保育力が身につけられるよう、この教室でさまざまな取り組みを行っていきます。

5月以降のオープンキャンパスでも、「保育実習室」の見学会を行います。明るくて、木のぬくもりを感じることができる「保育実習室」を、是非ともご覧になってください。
また、「保育実習室」での取り組みは、随時、福祉総合学科のホームページでもお伝えします。