検索
メニュー
メニュー

オープンキャンパスを実施しました(1) 2019/03/23

  • オープンキャンパス

「福祉の仕事って何だろう」のテーマで、3月23日(土)に東金キャンパスにてオープンキャンパスを開催し、多くの高校生・保護者の方にご参加いただきました。
最初に、福祉総合学科で取得が目指せる福祉系の国家資格(社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・保育士)について動画や写真を使って紹介しました。

続いて、福祉総合学科の授業の中から、森山先生担当の「地域福祉研修」を紹介しました。この授業は、地域の福祉環境について体験的に学ぶことを目的にした3泊4日の研修です。(詳しくはこちらへ
実際に参加した在校生から、この研修が和気あいあいとした学びの雰囲気のなかで、楽しみながら地域の先進的な福祉を現場で学ぶことができたことを高校生のみなさんにお伝えしました。

次は、高校生や保護者の方の疑問や不安に、在校生や教員が直接お答えする個別相談のコーナーです。ソーシャルサービスコース、子ども福祉コース、介護福祉コースの3つにわかれて、コースの特徴やアドバイザー制度、手厚い国家試験対策プログラムなどについて説明しました。保護者の方からは、「日々の学生生活や資格取得までの支援体制を詳しく聞くことができたので参加してよかったです。」との声が聞かれました。

また、「大学の授業と課外活動を両立することは難しいのでは?」という高校生からの質問に対して、授業の面白さやサークル活動の楽しさ、このふたつをあきらめずに両方取り組むことの充実感があることを在校生がお伝えしました。「勉強させられている感じはない」との在校生のことばも出ましたが、福祉総合学科での学びの特徴が、自由で自発的な環境にあることをうまく伝えてくれたように思います。

キャンパスツアーでは、介護実習室、福祉教育センター、保育実習室、造形演習室、図書館をご案内しました。特に「保育実習室」は、この3月に完成したばかりで、子どもにやさしい、明るく、木のぬくもりが感じられる教室です。教室に入ったとたん、参加者から大きな歓声があがりました。「子ども用のイスや机が小さくてかわいい」、「あたたかい照明や雰囲気なんですね」などの感想も聞かれました。(詳しくはこちらへ)

次回のオープンキャンパスでもお披露目しますのでぜひ見に来てください。

第1回オープンキャンパスも、和やかな雰囲気、かつ盛況のうちに終了いたしました。ご参加いただきました高校生・保護者の皆さま、誠にありがとうございました。
次回のオープンキャンパスは5月25日(土)です。城西国際大学で福祉を学ぶメリットのひとつは、「ダブル国家資格取得」を目指すことができることです。それまでのプロセスを直接お伝えできる機会になると思いますので、ぜひお越しください。