検索
メニュー
メニュー

【2019年度 専門職連携教育:IPE99】卒業生による講演を行いました

  • イベント

城西国際大学(JIU)が提供する九十九里地域で実施する福祉総合学科、理学療法学科、看護学部、薬学部の学生が共に学ぶ専門職連携教育:IPE99のプログラムの一つである「専門職講演」が始まりました。
福祉総合学科介護福祉コースの卒業生で、生活クラブ風の村特養ホーム八街に勤務されている先輩が「介護福祉士の仕事とやりがい」について話してくれました。
参加した学生からは、「介護福祉士として根拠ある介護を実践することや、利用者の立場や気持ちを重視することが大事であることを学べました」との感想が寄せられています。

講演後に、「今回の講演は、意図的に専門用語を使わずに話していた」と教えてくれました。これは、どのような人でも理解できるように、ご自身が施設の中で実践されていることだそうです。自身の仕事の専門性を、専門用語を使わずに話すのはとても難しいことではないでしょうか。IPE99では、今後も、医療・福祉の専門職者から仕事内容や大切にしていることをお話しいただき、他職種を理解することはもちろん、自身の目指す専門職の独自性や専門性とは何かを考えていきます。