検索
メニュー
メニュー

【介護福祉コース】2019年度「介護実習報告会」と「介護実習意見交換会」を行いました

  • イベント

7月11日(木)東金キャンパス水田記念図書館において介護福祉コース4年生による2019年度「介護実習報告会」を開催しました。11施設14名の実習指導者をはじめ、介護福祉コース1~3年生も出席し、約76名の参加者がありました。出席くださった施設は、以下の通りです。(順不同 敬称略)

【特別養護老人ホーム】いずみ苑、船橋市特別養護老人ホーム朋松苑、マイホーム習志野、生活クラブ風の村特養ホーム八街、ゆりの木苑
【介護老人保健施設】いずみ苑リハビリケアセンター、シルバーケアセンター、ミス・ヘンテ記念ケアセンター
【障害者支援施設】誠光園、ローゼンヴィラ藤原

【発表グループおよび演題】
◎Aグループ 「何気ない日常から楽しみを見つけるために~自立度の高い利用者との関わりを通して~」
 青木裕也・安次富洋輝
◎Bグループ 「上肢のADL機能の維持と余暇活動の充実を目指した支援~[絵しりとり]を用いたかかわりを通して~」
 岩尾信宏・佐藤美雪・相馬七星・渡辺麻友
◎Cグループ 「人を笑顔にするために~非言語的コミュニケーションから~」
 及川隆斗・鈴木理恵
◎Dグループ 「日中の活動を通した他者との関わり」
 石田亮・並木智崇・室賀真之介
◎Eグループ 「より良い支援に繋げるために~活動を通して前向きな発言を~」
 後藤清花・高𣘺実佳・若林彩絵

4年生の発表風景
下級生は、4年生の発表に真剣に耳を傾け、ケアに対する考え方を学んでいきます。
会場からのご質問に対して、自分の考えを丁寧に説明する姿が見られました!

学生たちは実習で関わった事例を通して、「根拠に基づく介護実践」や「介護実習で学んだこと」、「将来目指す介護福祉士像」などについて発表しました。4年生の発表を聴いた1年生は、「利用者の事を理解するためには観察力が重要だと改めて思った」と感想を話し、大いに刺激を受けたようでした。

介護実習報告会の後、会場を会議室へ移し、「介護実習意見交換会」を実施いたしました。昨年度の実習の振り返りを行い、新たに導入予定の介護実習評価基準についても、実習指導者の皆さまと建設的な話をすることができました。

参加くださった施設の多くのご担当者からは、たくさんのご質問、ご意見をいただきました。心より感謝申し上げます。学生、養成校、実習施設がともに学びあえたことが、この「介護実習報告会」と「介護実習意見交換会」の大きな意義であったと思います。