検索
メニュー
メニュー

オープンキャンパスを実施しました(4) 2019/07/20

  • オープンキャンパス

7月20日に、現場で活躍している卒業生を招き、オープンキャンパス「体験授業Day」を実施しました。

まず全体会では、学科説明、保護者向け説明会、手話・ボランティアサークル“Stardust Kids”による手話コーラスの披露、在校生相談コーナーを実施しました。

「全体会での卒業生紹介」
「手話コーラス」

昼食後、コースごとに卒業生を招いて、体験授業&トークセッションを行いました。

子ども福祉コース

幼児造形担当の尾関先生による「紙コップで遊ぼう!」をテーマにした体験授業を行いました。軽くて安全で身近にある紙コップを自由に積み上げていく遊びを行いました。この遊びを通して、子どもがみんなで協力して遊ぶことの楽しさを実感したり、創造性、空間把握能力などを習得できたりすることを、高校生のみなさんにも感じていただきました。完成後は、ライトアップして、光の造形を楽しみました。

「完成!」
「保育園保育士として働く卒業生」

ソーシャルサービスコース

病院での勤務経験がある森山先生による「医療福祉論」の体験授業を行いました。医療ソーシャルワーカーの実際の仕事の内容やそのやりがいについて、事例や在校生のロールプレイを通して説明しました。

「ロールプレイ中の在校生」
「病院でMSWとして活躍する卒業生のトークセッション」

介護福祉コース

「2つの国家資格で支援が広がる」をテーマに体験授業を行いました。学生と教員の即興劇団による寸劇を通して、介護福祉士と社会福祉士の視点を活かしながらさまざまな専門職と連携して利用者が望む生活を実現していくのかを紹介したり、現場で使えるレクリエーションの実演をしたりしました。

「デイサービスくじら 開演します」
「笑えて介護の神髄が学べる寸劇、卒業生も一緒に熱演です」

卒業生のトークセッションでは、仕事のやりがいについてだけでなく、なかなか聞くことのできない勤務形態やお給料、残業時間のことまで、参加者の皆さんが「知りたい!」と思う質問にも卒業生が答えてくれました。なお、8月22日(木)のオープンキャンパスにも福祉総合学科の卒業生が参加しますので、聞いてみたいとことがある方は、ぜひお越しください。

今回のような「体験授業DAY」は、8月のオープンキャンパスで終了となります。
今回とは異なる分野で活躍する卒業生が参加しますし、違ったテーマで体験授業も実施します。皆様のご参加をぜひお待ちしております。

次回オープンキャンパス「体験授業DAY」:8月22日(木)11:00~15:00