検索
メニュー
メニュー

オープンキャンパスを実施しました(5) 2019/08/22

  • オープンキャンパス

8月22日に、オープンキャンパス「体験授業Day」を実施しました。

全体会として、福祉総合学科と3つのコースについての説明、手話・ボランティアサークル“Stardust Kids”による手話コーラスの披露、在学生相談コーナーを実施しました。

「地域で活躍している卒業生を紹介しました」
「サークルによる手話コーラスを披露」

学生食堂での昼食後、コースごとに「体験授業&卒業生トークセッション」を行いました。同時間帯には、保護者の方のみを対象とした学科説明(学科教育、入試等々)を行いました。

子ども福祉コース

「“くじらキッズ(保育実習室)”で子どもとのかかわり方を体験しよう」をテーマに、赤ちゃん人形を使った沐浴体験、おもちゃ遊び、からだを使った遊び、ミニ造形教室など、高校生のみなさんにはさまざまな体験をしていただきました。地域の子育て親子を対象とした子育て支援ルームとしても使用している教室で、遊びを通した子ども福祉コースの「学び」にふれていただきました。

「赤ちゃん人形を使った沐浴体験について説明しました」
「からだでつくった知恵の輪、とけるかな?」

ソーシャルサービスコース

「地域に目を向けてみよう」をテーマに、私たちが住む地域にはどのような生活上の課題があるのか、高校生のみなさんには在学生と一緒に考え、共有していただきました。公務員として地域で活躍する卒業生からは、こうした体験型授業での学びの積み重ねによって、他者に対する理解を深め、問題解決能力を習得できたという話をきかせてくれました。

「地域の課題について在学生と一緒に考えました」
「グループでの検討を終えて卒業生に報告しました」

介護福祉コース

「介護のスゴ技~身だしなみの介助をしてみよう~」をテーマに、“シャボンラッピング”の体験授業を行いました。“シャボンラッピング”は清潔やリラックスなどを目的にふわふわに泡立てたシャボンに手や足を浸してマッサージなどを受けるケアのことです。体験を通して自然と笑顔になったり会話も弾んだり、ケアを受ける利用者の気持ちを高校生のみなさんにも実感していただけたと思います。

「ふわふわの泡があったかい!」
「おススメの授業は?どうして介護を仕事に?」

福祉総合学科では、福祉の学びを通して社会で生きる力や社会で活躍する力を身につけることができます。今回の体験授業、在校生・卒業生のトークセッションで、福祉総合学科の学びについて少しでもお伝えできていましたら幸いです。

9月のオープンキャンパスでは、福祉総合学科のさらなる魅力をお伝えしますので、どうぞ東金キャンパスへお越しください。

次回オープンキャンパス:9月14日(土)13:30~