検索
メニュー
メニュー

卒業生が本を出版しました

  • NEWS

福祉総合学科を卒業し、本学大学院福祉総合研究科を修了した‘山田なっちゅう優’さんが、『答えがないことが、答え ALS患者を取り巻く環境を考察する』という本を幻冬舎より出版されました。

本書は、山田さんの在学時からの研究関心をもとに記されたもので、難病患者に対する社会制度の問題点をALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の療養生活の事例から解明するとともに、健常とは、障害とは、難病とは何かというわれわれの認識への鋭い問いかけをされています。

※山田なっちゅう優 著、幻冬舎、2019年
『答えがないことが、答え ALS患者を取り巻く環境を考察する』