検索
メニュー
メニュー

子ども福祉コース4年生が「異文化における子育て」について学びました!

  • NEWS

子ども福祉コース4年生は「保育・教職実践演習」の授業で,地域の外国人の親への支援について研究していますが,今回は山武市市民自治支援課のサジー様から「異文化における子育て」というテーマでお話を伺いました。西島様はスリランカ人で,ご自身も日本で出産・子育てを経験し,現在は地域の外国人の支援をされています。

サジーさんと学生たち

異文化の定義に始まり,スリランカという国,スリランカと日本の関係,日本で外国人が困っていること,特に出産・子育てに関して困っていることや現在行われている支援策についてお話を伺いました。また,外国人の子どもが保育所や幼稚園で困っていることについても,伺うことが出来ました。

講義風景

学生たちは皆,いつもの通り,熱心にお話を聴き,最後の質疑応答も時間が足りなくなるほど活発でした。以下に学生の感想をご紹介します。

熱心にお話を聴く学生たち

<学生の感想>
外国人ママでもある、サジー様から、異文化における子育てについてお話を聴き,支援が求められている現状を知ることができた。子どもたちも日本語がわからない場合は保育所等でコミュニケーションの困難があるが,親たちも,コミュニケーションが難しい,日本語の文字を読むことができない,園を利用するためにはどうすればよいか,申請方法・各種書類の記入方法がわからない,保険の加入方法,子ども手当の情報もわからないなど,子育てにおける困りごととは多岐に渡っている。
また,日本とスリランカの絆,スリランカにおける民族・宗教・言語の違い,山武市や東金市に居住している外国人の数などについても理解を深めることができた。貴重な時間であった。(子ども福祉コース4年 平石)