検索
メニュー
メニュー

TOEIC

  • 資格・進路

個性を重んじる社会は"何事も自由だ"という認識が根底にありますが、自由であるからこそ目標を失いがちになる 学生が多いことも現代社会の一面です。そういう社会にあって1人1人が自分を見つめ、現実的な目標を見つけ、そして 具体的な努力をすることをサポートする・・・。それが、観光学部の日常風景となっています。

ここで紹介する学生は、日々悩みながらも目標を設定し、計画性と実行力を発揮し、社会的な評価を手にしました。客観的に見れば 不十分なレベルである学生もいますが、みな次のステップに向けて生き生きとしています。

目標達成した学生の声

TOEIC 805点 4年生:田中ちひろさん

1278-01.jpg

私は、入学当時490点であったTOEICの点数を、今までの大学生活を通して、805点にまで上げることができました。私は、1年生の時からTOEICマスターズのサークルに入り積極的に勉強してきました。2年生では、念願だったハワイ大学留学の夢をかなえ、思いっきり英語の勉強をしてきました。おかげで、念願であった「株式会社JALスカイ」から内定をいただくことができました。大学卒業までに900点を獲得することを目標とし、残りの大学生活の中で学習を続けていきたいと思います。

TOEIC 915点 2年生:クルンツイ・ゾルターンさん(ハンガリーからの留学生)

1278-02.jpg

初めて受けた11月のTOEICで915点を取りました。内訳はリスニング495点(満点)、リーディング420点でした。

私はハンガリー出身で、母国語はハンガリー語です。ハンガリー語と英語は全く似ていません。英語の勉強は14歳から始め、高校で4年間、大学で3年間勉強しました。

TOEICは早読みと聞き取りが一番大事です。単語は暗記が重要ですが、全部分からなくても大丈夫です。そして、外国語は飾りではないので、日常生活で使わなければ意味がありません。勇気を持って話し、そして聞いて、読んでください。

勉強法について私のお勧めは映画です。子供の頃テレビでよく英語のアニメを見ました。好きな映画の英語の字幕を見ながら、セリフを良く聞けば英語の能力が必ず向上します。音楽も同じです。好きな音楽の歌詞をインターネットで探して、翻訳すればそれも勉強になります。ただし、練習に選ぶ映画や音楽については、映画なら歴史物は現代の言葉はあまり出てこないので、不適です。音楽も汚い言葉の多い曲は勉強になりません。皆さんも頑張ってください、応援しています。

TOEIC 735点 2年生:鈴木梢恵さん

1278-03.jpg

私は入学当時から、アメリカフロリダ州のディズニーワールドでのインターンシップへ参加するために、TOEIC600点を目標として頑張ってきました。文法が苦手だったため、普段の授業の予習・復習はもちろん、試験前には「TOEIC直前対策講座」を受講するなどして、弱点克服に努めました。

自宅では、常に英語のCDや洋楽などを聴くようにしたことで、自然と英語が聞き取れるようになり、リスニング力がアップして、今回の試験では目標を大きく上回る点数を取ることができました。

今は、「TOEIC GEEKS」という新しいサークルにも参加し、英語に触れる機会を増やして、語彙力を高め、更なる得点アップを目指しています。来年はぜひともアメリカへ留学し、帰国後には850点をとることが目標です。