倉林 眞砂斗
(くらばやし まさと)

  • 教授
役職名

副学長

職位

教授

担当科目

学部:
アカデミックスキルズ
キャリア形成 a・h
SDGs×大学生
人類とものづくり

大学院:
比較文化研究
比較文化演習
比較文化研究指導
地域文化特論

学歴

文学修士(考古学専攻、東京大学) 博士課程退学(考古学専攻、東京大学)

専門領域

考古学、環境学

研究テーマ

・階層化社会の形成に係る実証的研究
・地域文化資源の活用研究

まだ見ぬ自分との出会いに燃焼し尽くしてみませんか!

学生時代(大学院も含めて)は、各地で発掘調査に明け暮れていました。長い年月を経て土中から姿を現した「モノ」をもとに、具体的かつ論理的に考えることが性に合っていたからかも知れません。また、見知らぬ土地を巡ることも好きでした。一方で、発掘調査は楽しいことばかりではなく、忍耐と工夫とマネジメントを学ぶ場でもありました。海外調査での厳しい生活経験を通して、人の考え方や行動が、環境に否応なく左右されることを身にしみて感じます。 「観光」という切り口から学ぶこと。それは、つねに現場に足を運び、自分の目で見て考えること、そして感じ取ったことを信じ、前へ向かう力に変えていくことではないでしょうか。4年という時間を、まだ見ぬ自分との出会いに燃焼し尽くしてみませんか。