3つのアプローチ

  • 学科の特色

3つのアプローチから観光の学びを体験する

観光学」を基礎とし、「観光ビジネス」「観光まちづくり」「観光メディア」という3つのアプローチから" 観光"を体験的に学びます。
 

観光学

観光学」とは、「旅行業の実務」とともに、「語学や国際マナーをはじめとしたグローバルな感覚」や「経済学や社会学、文化人類学など関連する学問から得られる知識」について学ぶ学問です。また、昨今においては、「観光地と観光客の交流を生み、地域の活性化につなげるまちづくり」の視点もその学びの範疇になってきました。更には、「地域社会や地域産業を盛り立てるメディアを構築する上で必要となるスキル」もその範疇となりつつあります。

以上のことからもわかるように、「観光学」の学びは、多岐に渡り学ばなくてはいけません。そこで、本学観光学部では、「観光学」の学びの課題を、「観光ビジネス」「観光まちづくり」「観光メディア」の三つのアプローチとして整理し、各柱のアプローチをもって地域社会の抱える課題を解決できるグローバルな観光人材を育成します。
 

観光ビジネス

観光ビジネス」に関わる授業では、航空会社、旅行会社、ホテル・旅館、テーマパーク、飲食店など、観光を構成する業種・職種に触れ、観光において必要となるビジネスの手法や観光産業の構造を理解します。また、観光に関わる多くの現場体験を通じて、自分のやりたいことを見つける機会とします。
観光ビジネス

 

観光まちづくり

観光まちづくり」に関わる授業では、地域ならではの魅力を活かし、誰もが共感できるまちづくりに取り組むことのできる観光人材となるべく、地域やそこに住む人々が元気になるための手法を学びます。そして、観光客と地域住民が交流を深め、「住んでよし、訪れてよし」の環境を実践的に企画・立案します。
観光まちづくり

 

観光メディア

観光メディア」に関わる授業では、新聞・広告、テレビやラジオなどを介した情報収集能力の向上と広範な「情報メディア」のあり方を学びます。また、個々人が自ら発信するSNSも授業のプロセスの中で活用し、地域情報の魅力を伝えていく方法について実践を介し学びます。さらには、情報の受発信における課題と展望について広く検討します。
観光メディア

 

語学・キャリア形成

4年後の進路を確実にするために1年次からキャリア形成を目指します。
観光学部では1年生全員が海外留学を体験します。1年生からの“海外”体験は、グローバルな視点を意識させ、4年間の学びの方向性を決めていく指針となります。また、観光に関わる資格取得を目指します。

語学教育
資格取得