検索
メニュー
メニュー

語学教育

  • 国際教育

観光学部では、専門である観光学をウェルネスの視点をとおして学ぶとともに、高い語学力を養うためのしっかりとした教育プログラムも同時に提供しています。

グローバル観光人材を目指して、異文化理解と語学力向上を達成するために、1年生全員が参加するマレーシア世界遺産研修やフランス文化研修、短期研修·長期留学プログラム、国際学生寮AGV(安房グローバルヴィレッジ)や「英語で学ぶ」グローバルカレッジなど、学生の成長段階に即したプログラムを用意しています。

これは、将来、観光業務に携わる上で、なくてはならない語学力を効率よく4年間で身につけてもらうために練り上げられたプログラムです。

また、英語教育に加え、中国語、韓国語、ハンガリー語といった多様な語学プログラムを用意し、多言語習得も可能な語学教育をおこなっています。

Fundamentals of English I/II

一年生で初めて履修する(授業をとる)のが、このFundamentals of English I。

"Fundamental"とは、「基礎·基盤」という意味で、中学·高校で習ってきた英語の基礎を応用に進む前にもう一度しっかり固めるための授業です。このコースによって、忘れかけていた基礎を「文法」と「会話」の両方で再確認し、着実に次のステップに進むことができます。

Oral Fluency I/II

Fundamentals of English Iで、しっかりと基礎固めをしたら、次は習ったことを実際に「使う」練習をしてもらいます。これを行うのがOral Fluency I。その名のとおり("Oral"とは「口頭の」、"Fluency"は「流暢であること」という意味)、学期をとおして「使える英語」を何度となく練習してもらいます。完全に「話すこと」が中心になるので、最初は少し不安に思うかもしれません。しかし、「英語を話す環境」が「苦痛」ではなく、「楽しい!」と思えるような授業にしてくれるネイティブ·バイリンガル教員がみなさんをサポートしますので、安心して楽しく英語を勉強してください。

その他英語関連授業

もちろん上記以外にも、英語関連授業は用意されています。例えば、English for TOEIC 500/800、English for Wellness Tourism、English for Tourism Industry、観光英語などなど。 「TOEICを伸ばしたい!」という人や「観光業務で使える英語を!」と考える人たちに合った授業を幅広く用意していますので、各々の目的に沿った学習ができるようになっています。

TOEIC Lab

TOEIC Labとは、本学語学センターが毎週作成しているTOEICのミニテストです。毎週違った問題を語学センター研究員(ネイティブ·語学専門研究員)が作成し、学生は、このJIU独自のTOEICテストを毎週30分受けてもらいます。テストは、最近のTOEIC問題傾向を分析し作成されており、その中の頻出単語は学期をとおして相当な量になります。これをコツコツと暗記し、頻繁にリスニングとリーディング練習を行うことで1年生からTOEICのスコアアップを目指します。また、ホームページにアクセスすればいつでも見直しができるのも便利です。

TOEIC学内受験とTOEIC直前講座

本学では、TOEICの学内受験ができるようになっています。また本学の学生であれば、通常の受験料の半額以下で受験可能なのも魅力。年に4回(1月·5 月·7月·10月)受験機会があり、毎回テスト前の1・2週間を利用し、「TOEIC直前講座」を実施しています。「いきなり受験するのは自信がない…。」と言う人は、この講座を受けることで準備体制をとることができます。

観光の専門領域のみならず語学教育においても、観光学部は「行動して学ぶ」です。

Looking forward to meeting you all at Department of Tourism in a beautiful city, Kamogawa!!