ホスピタリティサービス【実習その3】テーマは「卵、ハム、ソーセージ、ベーコン」

  • プロジェクト
  • ホスピタリティサービス

実習3回目は「卵、ハム、ソーセージ、ベーコン」の調理です。前回伺った「株式会社 シェフミートチグサ」様からハム、ソーセージ、ベーコンを調達し、市販の卵を加えて、いわゆる「おいしい朝食」を調理することにしました。

調理実習を始める前には、馬場シェフからの衛生上の注意事項、今日の食材、そして食材を扱う上での注意点等の説明がありました。今日は、目玉焼き、オムレツ、ポーチドエッグ、スクランブルエッグなどの卵料理、そしてサイドとしてハム、ソーセージ、ベーコンを軽く炒めたものをメニューの一つとして作りました。初めての本格的な調理に、参加者全員興味津々でした。

馬場さんからの説明を熱心に聞き、自分たちの分を自分たちで調理しました。調理をしたら、すぐに各自自分の作った料理をテーブルで試食します。「ケチャップをつけない方がおいしい!」など、素材そのものの味を体験していました。

最後に、全員で生のじゃがいもから作るフライドポテトや里芋をペーストにして混ぜて作ったパンケーキなどにも挑戦しました。市販されているフライドポテトとは全く違う素材の旨味がぎっしり詰まった味や里芋の独特の粘りが違った食感を生むパンケーキを堪能しました。簡単そうで難しい卵料理や料理をしながら片付けていく手際よさなどさまざまなことを体験することができ、学生全員刺激を受けた実習となりました。

今後の実習には、米・パン、そして魚料理などがあります。楽しい実習の様子をまたお伝えしたいと思います!

調理事前指導
今日の食材を確認
オムレツの作り方を習う
ジャガイモからフライドポテトを作る
本日のメニュー出来上がり!
試食が一番の楽しみ!