ホスピタリティサービス【実習その5】テーマは「マレーシア観光大臣歓迎レセプション当日」

  • プロジェクト
  • ホスピタリティサービス

いよいよ11月13日(火)、マレーシア観光大臣ダトスリ・ドクター・ン・イェン・イェン先生が観光学部を訪問される日となりました。一国の大臣が一学部へ訪問されることは大変まれなことであり、当日は鴨川市をはじめ近隣地域から多くの方々がキャンパスに足を運ばれました。

昼食のレセプション会場となったJOSAI安房ラーニングセンターでは、この日のために17名のサービングチームがつくられ、サービングや食器を下げるための動線チェックなどが入念に行われました。調理スタッフは約10名で、馬場シェフの指導のもと料理を準備、最終確認をして万全の態勢でダトスリ・ドクター・ン・イェン・イェン観光大臣をはじめとする来賓の方々をお待ちしました。

レセプションが始まると、会場は溢れんばかりの人々で一杯となりました。サービングスタッフは、料理や飲み物をこぼさないよう細心の注意を払い、また調理スタッフは長い列ができないように迅速に料理を出すよう努力しました。

ダトスリ・ドクター・ン・イェン・イェン観光大臣をはじめ、鴨川市からのお客様は学部の実践的な教育内容に興味を示され、今後の活動へのさらなる協力を約束してくださいました。

会場の設営も概ね完成
サービングスタッフ最終打合せの様子
サービングスタッフ準備OK!
着々と準備をすすめます
馬場シェフからの最終チェックを受けます
調理スタッフ準備OK!
サンプルとメニューを配置
準備万端、ゲストを待つばかり
マレーシア観光大臣ご来場
会場の様子(1)
会場の様子(2)
終了後、梅原先生から本日の総括