検索
メニュー
メニュー

【カモちゃれ】鴨川チャレンジプロジェクト始動!

  • 地域 × 観光学部
  • ゼミ活動

鴨川チャレンジプロジェクト始動! 観光学部3年 藤田 裕大

 鴨川チャレンジプロジェクト(かもチャレ)は、日本の渚百選にも選ばれている鴨川市・横渚前原海岸の美しさを車いす利用者にも味わって欲しいと考え、クラウドファンディングによって資金を調達し、砂浜用車いすを導入した活動です。2016年5月から学部同級生3人で活動を開始し、クラウドファンディングの委託先、広告、関係先へ協力依頼、そして砂浜用車いすの購入(輸入・組み立て・説明書の翻訳)、メディアへの発信をおこないました。

 クラウドファンディングの成功によって砂浜用車いすを購入することができ、その砂浜用車いすは、広く一般の方に使用してもらうことが目的だったので、鴨川市に寄付しました。管理保管も含め鴨川市に委譲し、2017年夏からは一般の方の利用も始まりました。「かもチャレ」は、その後活動の場を広げ、鴨川市社会福祉協議会やNPO法人鴨川未来倶楽部との連携により、砂浜用車いすを用いた小学校での講演や市内のバリアフリー実証実験などもおこなっています。

~感想~

 砂浜用車いすの導入は、自分自身が砂浜用車いすを利用し、海水浴を楽しんだ経験から始まりました。クラウドファンディングの活用は、資金調達・導入の広報拡大・返礼品などでの地元への還元などを目的としてスタートしましたが、すべてが初めての体験であり、メンバーの協力がなければ成功しなかったと思います。何度も話し合いを重ね、オリジナルグッズを作製し、電話や実際に関係先へ出向いての交渉などをおこないました。一人でも多くの人が砂浜用車いすを体験し、横渚前原海岸で楽しい思い出をつくって欲しいです。

※砂浜用車椅子のご利用は鴨川市観光課(04-7093-7837)までお問い合わせください。


カモちゃれを始動した学生(左:磯野さん、中:岩本さん、右:藤田さん)


鴨川市に砂浜用車椅子を寄贈(2016年当時)


砂浜用車椅子寄贈の様子(2016年当時)


取材を受ける岩本さん(2016年当時)

indexに戻る