検索
メニュー
メニュー

【カモちゃれ】天津小学校を訪問しました!

  • 地域 × 観光学部
  • ゼミ活動

天津小学校を訪問しました! 観光学部3年 磯野 花子

 2017年9月29日、鴨川チャレンジプロジェクトはNPO法人鴨川未来倶楽部との協同で、天津小学校を訪問しました。この活動は、鴨川市へ寄贈した砂浜用車いすの宣伝を兼ねたもので、小学生たちに砂浜用車いすのことを知ってもらい、鴨川市のバリアフリーについて一緒に学ぶことを目的としています。今回は、天津小学校の六年生に向けてパワーポイントでバリアフリーについて授業を行い、昼休みに全校児童と砂浜用車いすの体験を実施しました。

 初めての小学校訪問ということで、新たに説明用の資料としてパワーポイントを作成し、分かりやすい言葉やイラスト、写真を多く使うことで、小学生たちにバリアフリーを身近に感じてもらえるよう努めました。また、砂浜用車いすの体験では、校庭の砂場で通常の車いすと砂浜用車いすを実際に押してもらい、どのような違いがあるか体感してもらいました。

 今回が初めての試みでしたが、また機会があれば、このような活動を続けていきたいです。

~感想~

 今回の天津小学校の訪問は、鴨川チャレンジプロジェクトにとってよい経験となりました。それ以前は幅広い年代に発表する機会が多かったのですが、今回は初めて小学生を対象に砂浜用車いすについて授業をおこなうということで、とても不安がありました。しかし、天津小学校の児童たちは、非常に積極的で砂浜用車いすやバリアフリーについても興味を持ってくれたので、それがとても嬉しかったです。これを機に、砂浜用車いすの利用者が増えたらいいなと思いました。

また、天津小学校の校長先生が福祉に関心のある方で、このような貴重な機会をいただけたことに非常に感謝しています。本当にありがとうございました。


天津小学校での砂浜用車椅子体験の様子


天津小学校での砂浜用車椅子体験の様子

indexに戻る