検索
メニュー
メニュー

2018年度 台湾研修(3)

  • 海外研修
  • 台湾研修

「淡水」と「士林夜市」を満喫!

3日目の訪問先は、台湾八景の一つに数えられている「淡水」です。淡水では、台北地区を代表する絶景が見られます。淡水はMRTの終着駅で、台北市内から40分ほどのところです。現地学生と交流をしつつ、ゆっくりと街並みを案内してもらい、交友を深めることができました。夜には、台北市で一番大きな「士林夜市」を訪問、夕食を取ったり、売られている小物を見て回るなど散策を楽しみました。そこでは、日本のアニメキャラクターを見かけることが多く、日本のアニメ文化が台湾にも浸透していることを学生たちは身をもって実感しました。

18-taiwan3-2.jpg
現地学生と淡水を散策

_18-Taiwan3-1.jpg
士林夜市にて
 


台湾研修 学生ライブレポート~その4~ 

観光学部1年生 大滝魁人

淡水を訪れて感じたのは、まず景色がとても綺麗なことです。淡水は港沿いより少し中に入った方が結構栄えており、大勢の観光客で賑わっていました。淡水を散策していると、美味しそうな食べ物が多く、昼食までに待てずたくさんの食べ物と飲み物を食べてしまいました。とても印象に残っているのは、まるごと一匹使った大きなイカフライと黒蜜のような味がするタピオカです。ぜひ、台湾へ行ったら様々な食事を経験してみることをおすすめします。

%E5%A4%A7%E6%BB%9D.jpg


台湾研修 学生ライブレポート~その4~ 

観光学部1年生 栗林幹太

士林夜市を訪問して驚いたことは、屋台を営んでいる人のほとんどが日本語を話せることです。事前講義で、台湾が親日であることを学んでいましたが、実際に訪問してここまで日本語が話せるとは思ってもいませんでしたので驚きました。

近年、グローバル化が進み、訪日観光客が増加しているので日本も英語を学ぶことに対する意識を変えていく必要があることを実感します。台湾では日常会話ができるほど日本語を話せる人が多く、自分もこれから外国語の学修を頑張りたいと強く思いました。

%E6%A0%97%E6%9E%97.jpg