検索
メニュー
メニュー

「観光プロジェクト」での活動について

  • プロジェクト
  • 地域 × 観光学部

「観光プロジェクト」での活動について

2018年度の「観光プロジェクト」は、パンフレットの多言語表記がテーマです。翻訳する際、いかに自然な表現にできるかを学習すると同時に、ソフトウェアを活用し汎用的なスキルアップを目指します。

観光学部には、マップ入りのきれいな鴨川観光のパンフレット(Kamostagram:A colorful day in Kamogawa city)があります。そこで、このパンフレットの中国語版と英語版の作成に取り組んでいます。


授業の様子

【学生の声】

観光学部2年のイデア・アティーナです。パンフレットの英訳を担当しています。フィリピンで生まれ、日本語を母国語としない私にとってはとても良い勉強になっています。

というのも、たとえばパンフレット記載の文面に「房州伊勢の宮・・・20年に一度鳥居の立て替え神事がおこなわれます」とありますが、「伊勢の宮」とは何なのか、なぜ「20年に一度」なのかといった疑問が湧き、それらについて調べたり、先生に教えていただいたりするうちに、自然と日本文化の知識が身につきます。また、翻訳とは単にある言葉を別の言語に変換するのではなく、その背後にある文化や考え方を理解し、それをわかりやすく伝えるといった想像以上に複雑な作業であることを実感しています。


翻訳作業の様子