検索
メニュー
メニュー

学生寮「安房グローバルヴィレッジ(AGV)」の生活

  • 安房グローバルヴィレッジ

大山さんの”私の一週間”



観光学部1年生の大山穂乃華です。

福島県出身で、いまは観光学部学生寮の安房グローバルヴィレッジ(AGV)で、中国、ベトナムからの留学生と一緒に4人部屋で暮らしています。

今日は私のある1週間を紹介させてもらいます。

月曜日は授業がないので、午前中は、学外で参加している「福島を元気にするプロジェクト」の仕事をしました。それから洗濯と掃除をして、午後はサークル活動です。サークルは「食のプロジェクト(食プロ)」といって、新しい「食」を企画し、自分たちで実際に作って販売するまでを体験します。最近では新しいお弁当を作って、鴨川駅で販売しました。このサークルでは、いつも終わりに先輩たちと一緒に食事をして、いろいろな話をするのが楽しいです。

私は一年生なので、火曜日から金曜日までは必修の授業も多く、アルバイトもあってあっという間に時間が経ちますが、疲れていても寝る前に少しは勉強するようにしています。

金曜日は友達と鴨川駅の近くで食事をしました。鴨川は観光地なのと海も近いのでおいしい店もたくさんあります。

週末は、有名な鴨川シーワールドでアルバイトをしています。このアルバイトはインターンシップを兼ねていて授業の単位にもなります。アルバイトが終わると、学生寮の共同キッチンで先輩と一緒にゆっくり料理を作って食べたりします。

とても忙しいですが、先輩や留学生に囲まれて、元気に日々を送っています。