検索
メニュー
メニュー

韓国留学体験記 鎌田美奈穂 vol.03

  • 留学体験記
  • 国際教育 × 観光学部

みなさんこんにちは!9月より韓国の仁川大学に交換留学生として留学させていただいている鎌田美奈穂です。

 仁川大学では10月の終わりに中間テストがありました。私は韓国語と日本現代小説の2科目だけでしたが、韓国に来て初めてのテストだったので緊張しました。韓国語は細かい文法が多く、韓国人でも使い分けが難しいことがあるくらいなので、私にとっては非常に難解でしたが、周囲の友人にずいぶん助けてもらい、なんとか乗り越えることができました。不思議なもので、テストのために勉強した文法をいつの間にか私生活の中で自然に使うことができるようになっており、学んだことが身についていると実感しています。最近では授業でも他国の留学生とペアになることが多く、必然的に韓国語を話す機会が増えました。

 最近、韓国文化体験のプログラムに参加する機会もありました。韓国人の先生が引率してくださり、洞窟や韓国の食堂、文化公園などを訪れました。特に、文化公園で見た古い建物や韓服に興味を持ちました。韓服は朝鮮半島地域の民族衣装のことで、みなさんも韓流ドラマなどで「チマチョゴリ」は見たことがあるかもしれません。独特のデザインや色使いを実際に自分の目で見ることができ、感銘を受けました。また、公園内で見た韓国劇も、日本ではあまり見ることができない韓国独特なもので、とても興味深かったです。ただ、劇の韓国語が難しく、なかなか聞き取れなかったので、授業内での韓国語と実生活でのそれとはやはり違うことを実感しました。せっかく韓国にいるのだからもっと大学外での活動を増やし、「使える韓国語」を身につけるよう勉強していきたいです。

 来月からは語学堂も始まり、さらに韓国語力を伸ばす機会が増えそうです。レベル分けテストでなるべく良い点数を獲得し、上位のクラスに入ることが現在の目標です。


文化公園の様子


韓国料理の屋台


外国人観光客も大勢いました