検索
メニュー
メニュー

ハワイ留学体験記 野内穂高 vol.05

  • 留学体験記
  • 国際教育 × 観光学部

ELIクラスの卒業と新たな挑戦

 皆さん、こんにちは。観光学部2年の野内穂高です。私は、8月から本学の海外協定校であるアメリカ・ハワイLeeward Community Collegeで9カ月間のJEAP留学プログラムに参加しています。ハワイに来て4カ月が過ぎ、留学期間が半分も終わってしまうのだと思うと、早くも寂しい気持ちがしています。

 今月はELI(English Language Institute)の授業がすべて終了し、私たち城西国際大学からの留学生は、全員が無事にテストに合格することができました。これで、来月からは現地学生が受講している授業に加わることができるので、とても楽しみです。

 さて、そのELIの卒業を祝うグラジュエーションパーティーを開催していただきました。グラジュエーションパーティーとは、ELIで学んでいる学生と先生方が全員集まり、クラスの卒業を祝っていただく恒例の行事です。私は卒業生を代表して「グラジュエーションスピーチ」をさせていただきました。英語でのスピーチはとても緊張しましたが、今までのことやこれからの目標について頭に思い浮かべてみると、思いのほかに言葉がすらすらと出てきました。留学中のこれまでの思い出とともに、自分の英語力の上達を実感できています。

 また、来月からは授業と並行して学内レストラン「パール」で、接客を中心としたインターンシップが始まります。リーワードコミュニティカレッジが設立されたのは1968年ですが、パールが設立されたのは2006年と最近のことです。このレストランは、調理やサーバーのスキルに加え、マネジメントやマナーを学ぶ場所として設けられたそうです。そして、実際にランチタイムには一般のお客様をお招きして営業しています。毎日、料理科の学生およそ20人が対応していますが、多い日には一日100人を超えるお客様がランチに訪れます。ここではハワイの食材を使った料理をリーズナブルな価格で提供しており、高い人気を得ています。私も、1月からこのレストランのスタッフの一人として接客サービスを実践的に学ぶことができるので、今からとても楽しみにしています。


ELIクラスメイトと卒業を記念して


グラジュエーションスピーチの様子


インターンシップを実施するレストラン「パール」


レストラン「パール」の内装

indexに戻る