観光学部 海外長期インターンシップ(台湾) ~海外で働くことの厳しさと楽しさを経験しよう!~

  • インターンシップ

観光学部で新たなプログラムが始まります!

このプログラムは、城西国際大学観光学部、台北圓山大飯店、台北城市科技大学の三者協定にもとづく約6カ月間の海外長期インターンシッププログラムです。台湾の老舗高級ホテルである圓山大飯店(台北)で週5日間の有償インターンシップを行うとともに、本学海外協定校の台北城市科技大学では、英語や中国語などの授業を受講します。海外での実地体験を通して、語学力とホスピタリティを実践的に身につけます。

 

【学生の声:観光学部2年 戸田 純さん】

「私がこのインターンシップに参加したいと思ったのには二つの理由があります。

一つ目は、ホテルのホスピタリティを海外で働きながら学びたいと思ったからです。現在の私の夢は航空業に携わることですが、航空業もホテル業もホスピタリティという点ではその重要性は同じだと思います。この経験は、私にとって就職に向けての新たな一歩だと考えています。

二つ目は、語学向上のためです。私は観光学部に入ってから特に英語に力を入れています。また、2年生になってからは、第2外国語で中国語を履修しており、英語だけではなく中国語にも力を入れるようになりました。このプログラムは、海外協定校で、英語や中国語の授業を受講することもできるので、語学力向上にはぴったりだと期待しています。

最後に、このプログラムで新たな交流を深めるとともに自分の力を最大限発揮し、インターンシップに参加させていただいた家族や観光学部の先生方に感謝の気持ちを忘れず、多くのことを学んで帰りたいと思います!」


【学生の声:観光学部2年 酒井 莉奈さん】

「私は、将来ホテルでの就職を目標にしています。訪日外国人の方々に対して、日本の魅力を伝えられる人材になりたいと考えています。そのためには、語学力をこれまで以上に磨き上げなければならないので、英語はもちろん中国語を現地で実践的に学びたいと思っています。私にとって、海外で長期滞在することは今回が初めてです。少し緊張と不安を抱えながらの挑戦となりますが、周りと助け合いながら、語学力とホテルのスキル向上を目指し、必ず結果を残して帰国したいと思います。」


【学生の声:観光学部2年 天田 桃子さん】

「私は、このプログラムを通して、海外のホテルのサービス、マナー、そして言語の使い方など将来に役立つさまざまな体験をしたいと思っています。自分の可能性を最大限伸ばし、将来は、キラキラと輝けるホテリエになることが今の目標です。毎日の活動を大事にしていき、応援してくれている方々の期待を裏切らないように頑張ります!」


【学生の声:観光学部2年 吉田 由樹さん】

「私がこのプログラムで力を入れたいのは、語学力の向上と台湾のホテルのホスピタリティを学ぶことです。2年間学んでいる中国語を上達させることに加え、英語の学習でもTOEIC®の点数を上げられるよう目標を持って取り組んでいきたいです。また、ホテルでは臨機応変な対応が求められると思うので、特に対応力やコミュニケーション能力を現場で鍛えたいです。半年間という短い期間ですが、少しでも自分の力にできるように楽しみながら有意義な時間にしたいと思っています。」

 

1. 事前学習の様子


2. 参加学生 ※向かって右側から戸田 純さん、天田桃子さん、吉田由樹さん、酒井莉奈さん


3. 圓山大飯店歓迎会の様子① ※晩餐会生演奏


4. 圓山大飯店歓迎会の様子② ※台北城市科技大学の黄教授(前列中央左)、圓山大飯店副社長の?氏(前列中央右)、その他スタッフの方々と一緒に