検索
メニュー
メニュー
  • 城西国際大学
  • 観光学部 観光学科
  • NEWS
  • 【御礼】JR東日本 サイクルトレイン「B.B.BASE」×アニメ「ろんぐらいだぁす!」×城西国際大学 観光学部の産学共同外房サイクリングツアー無事催行いたしました。

【御礼】JR東日本 サイクルトレイン「B.B.BASE」×アニメ「ろんぐらいだぁす!」×城西国際大学 観光学部の産学共同外房サイクリングツアー無事催行いたしました。

  • イベント実施報告&告知
東日本旅客鉄道(JR東日本)千葉支社との産学共同プロジェクトの一環として、アニメ「ろんぐらいだぁす!」とコラボしたツアー企画が、無事催行されましたことをご報告いたします。



当日6月15日(土)は、関東地方は大雨となり、外房エリアも大雨と強風に見舞われました。
B.B.BASEは出演者と学生による車内イベントなどを行いながら定刻での運行・到着となりましたが、
サイクリングのプロ(南房総サイクルツーリズム協会)による判断を仰ぎ、1日目のサイクリングは危険と判断し、急遽行程変更などを行いました。



お客様みなさま、さぞガッカリ…と思いきや、1日目は城西国際大学 安房キャンパスAVホールでの「原作者 三宅大志先生&声優 東城咲耶子さん」による緊急トークショー@大学AVホール となり、留学生の暖かい中国茶のおもてなしと、ファンの皆様の熱気あふれるイベントとなりました。



その後、学食での「大学生一番人気のビーフシチュー」をご賞味いただき、市内のお土産観光施設のお時間、さらにホテルでの夕食時の学生による鴨川観光案内などを行い、1日目終了となりました。



2日目は、うってかわっての晴天…しかし、海沿いの外房は大強風と波浪に見舞われました。
勝浦朝市の学生によるガイドツアー、御宿でのチェキ会、大原での昼食場所ご案内…ここまでで城西国際大学 観光学部組は失礼させていただきましたが、昼食会場でのお別れのご挨拶の際、お客様皆様から温かい拍手を頂いたことは、今後の学生の観光のための勉学と実践の励みとなりました。



当日ご参加いただきましたお客様、関係各所のみなさま、本当に有難うございました。
またお目にかかれましたら幸いです。



【学生リーダーを務めた 高橋夏菜さん(3年生)のコメント】


観光学部3年の髙橋 夏菜です。
6月15日(土)から16日(日)にかけて、JR東日本のサイクルトレイン「B.B.BASE」×アニメ「ろんぐらいだぁす!」外房編のイベントに参加して参りました。
学生代表として企画会議の段階から参加させていただき、JR東日本千葉支社、地元の鴨川観光プラットフォームや鴨川市役所観光課の方々とご一緒にイベント運営に携わりました。
私は、将来、旅行会社や鉄道系の会社に就職したいと考えています。資格や知識だけでは現場は動かせないということを痛感したプロジェクトでした。
企画や準備を念入りに進めて参りましたが、当日の大雨と強風によるサイクリング見合わせ判断への緊急対応という事態となりました。
現場では、すぐに打ち合わせが行われ、臨機応変な対応が求められます。状況を瞬時に把握し、その問題を解決するための案を考え、現場で指示を出す…アドリブ力を求められることが実感できました。
最初は、理解するだけで精一杯でしたが、自分から意見を出し、自ら動く、指示を出すことが少しずつできるようになりました。
B.B.BASE車内のイベントでも、台本を読み飛ばすミスをしてしまいましたが、逆にそれを話のキッカケに台本通りに戻したり、時間が余った際は質問を考えたり、自分から会話の話題を提供したりして、お客様に楽しんで頂ける場つなぎを行いました。また、外部の方々とも遠慮することなく、積極的に意見を出しました。学生の意見や提案もきちんと聞いてくださる雰囲気は、とても嬉しかったです。
資格や知識に加えて、臨機応変な対応やアドリブ力をもっと伸ばしていきたいです。地元の観光に携わる方々と一緒にイベントを行う経験は、企業でも求められる力になると思います。就職活動が近づく中、自分のできることや苦手なことをしっかり見極め、捉えるようにして参りたいです。

そして、今回ご参加くださったお客様や出演者の方々(原作者の三宅大志先生・声優の東城咲耶子さん)も、学生たちを温かく受け入れてくださいました。
ステキなイベントに参加させていただき、本当にありがとうございます!
みなさん、また鴨川でのサイクリングを楽しみにお越しくださいね!