観光学部 海外長期インターンシップ(台湾)~海外で働くことの厳しさと楽しさを経験しよう!~

  • インターンシップ
いよいよ長期インターンシップがスタートしました。
参加学生からの定期レポートをお届けします!


このプログラムは、城西国際大学観光学部、台北圓山大飯店、台北城市科技大学の三者協定にもとづく約6カ月間の海外長期インターンシッププログラムです。台湾の老舗高級ホテルである圓山大飯店(台北)で週5日間の有償インターンシップを行うとともに、本学海外協定校の台北城市科技大学では、英語や中国語などの授業を受講します。海外での実地体験を通して、語学力とホスピタリティを実践的に身につけます。

【インターンシップ定期レポート:観光学部2年 天田 桃子さん】
「長期インターンシップも折り返し地点になってきました。私は、午前7時~午後3:30までの時間帯で、朝食のレストラン、コンシェルジュ、昼食のレストランで勤務をさせていただいています。3カ月も経つと、お客様の席までのご案内やご要望を伺う際などに、簡単ではありますが、中国語で対応することができるようになってきました。最初は、挨拶程度しか分からなかったのですが、少しずつ聞き取れるようになるのと同時に自分一人でできることが増え、とてもやりがいを感じています。また、観光学部学部長の倉林先生にご来館いただき、これまでの仕事状況や大学のことなどお話する大変有意義な時間を送ることができました。
お休みを週に2日いただいており、そのうち1日は台北城市科技大学で英語の授業を受けています。先日は、期末テストに向けてのミニテストやスピーキングテストがありました。英語は将来必ず役立つと思っているので、これからもしっかりと学んでいきたいと思います。
休日はなるべく外へ出て、台湾の料理や観光スポットなどを訪れるようにしています。また、ホテルスタッフの友人と食事に行くのも最近の楽しみの一つです!」

【インターンシップ定期レポート:観光学部2年 吉田 由樹さん】
「5月までは、コンシェルジュと上海料理のレストランでの仕事でしたが、6月からシフトが変わり、朝食のレストランと広東料理のレストランで働いています。コンシェルジュの業務を通して、お客さまのご要望やスタッフの説明を少しずつ聞き取れるようになり、勉強の成果を感じました。新しい朝食のレストラン業務では、ビュッフェ形式のレストランなのでお皿を下げる時にかける言葉や、食べ物・調味料の場所を中国語や英語で聞かれた時の対応の仕方を新たに勉強しています。広東料理のレストランでは日本語を話せるスタッフが少なく、中国語や英語でコミュニケーションを取っています。業務内容が変更されたことで、今までとは違うことを気づけるので、少しでも多くのことを吸収できるように頑張りたいです!
最近は日本人がよく訪れる観光地だけではなく、少しはずれにある観光地にも行くようにしています。日本人に良く知られた観光地ではすぐに日本語で話しかけてくれる店員の方が多いのですが、少し離れた場所へ行くと、会計などの時に急に中国語で話しかけられることもあるので、とても勉強になります。最近は、図書館へ行って中国語の本を探して勉強することも多くなり、改めて漢字の魅力を実感しています。」


ロシア美食文化フェア舞台前で(向かって左側から戸田さん、天田さん、倉林観光学部長、吉田さん、酒井さん、李さん)
※李さんは、本学海外協定校の台北城市科技大学出身。2016年~本学観光学部で2年間勉強され、現在は圓山大飯店の正社員として活躍されています。



ロシア美食文化フェア(期間限定開催)の様子


同僚と一緒に(中央は酒井 莉奈さん)