検索
メニュー
メニュー

【JASSO海外留学支援制度】ハワイの休日、週末、そして授業

  • 留学体験記
JASSO(日本学生支援機構)助成
ハワイ Leeward Community College 長期留学

 こんにちは。観光学部2年の小山田千笑です。
 私は今年の8月からアメリカ・ハワイ州にあるLeeward Community College(LCC)に9カ月間のJEAP留学に参加しています。
 ハワイに来てから1カ月が経ちました。この1カ月間はとても充実していて、アッという間に経ってしまったなと感じています。語学の方は少しずつではありますが、自分の言いたいことを単語ではなく文として話せるようになってきました。この留学中に自分がどこまで語学力が伸ばせるか、楽しみながら勉強していきたいです。
 アメリカでは9月2日がLabor Day(労働祭)で祝日でした。私はホストブラザーと彼の友達の約15人でMakapuuへ行って来ました。早朝4時に起床し、Makapuuにあるハイキングコースを1時間ほど歩いてMakapu’U Point という所に着きました。その場所からは、海の景色と昇ってくる朝日を見ることができました。一緒に行った方達は毎年Labor Dayの日にここを訪れているそうです。ハワイで貴重な体験をすることができました。
 ワイキキでは毎週金曜日に花火が見ることができる、ということをホストマザーから教えてもらったので、友人と見にいきました。花火の時間は10分くらいの短い時間でしたが、日本の花火とはまた違ったものを見ることができました。この花火はヒルトン・ハワイ・ビレッジから打ち上げられており、ホテルに宿泊している人でなくても無料で見ることができます。観光客だけでなく、地元の人たちも花火を楽しんでいました。
 大学の授業も、だんだんと内容が濃くなっています。最近は、グループに分かれて自分たちの国の観光地について発表しました。私たちのグループは、アメリカ・フロリダ州のオーランドという街についての発表をしました。オーランドはディズニーワールドで有名な場所ですが、ユニバーサルスタジオもオーランドにあるということを初めて知りました。また、オーランドではワニの唐揚げが有名だそうです。他のグループも面白そうな場所を発表していたので、いつか訪れてみたいです。日が経つにつれて、クラスの人たちと授業以外でも会話をするようになっています。これからもっと交流を深めていきたいです。


プレゼンテーションをしている様子


他の大学から来た学生たちのお別れ会にて