検索
メニュー
メニュー

【JASSO海外留学支援制度】ボランティアとハワイ人の人柄

  • 留学体験記
 みなさん、こんにちは!観光学部2年の吉田真優です。私はJASSO(日本学生支援機構)の奨学金をいただきながら、本学の海外協定校である米国ハワイ州のLeeward Community Collegeで勉強しています。留学期間は9カ月間です。
 今回は、大学でおこなったボランティアとハワイ人の人柄について紹介します。
先日、大学を通じたボランティア活動の一環で、ディスカバリー・フェアという子供向けのイベントで折り紙ボランティアをしました。参加したのは日本人だけではなく、中国人やロコの学生たちもいました。英語で折り紙の折り方を詳しく説明するのは難しかったですが、完成した時に子供たちが喜んでくれたので嬉しかったです。また、大学の日本語の授業でもボランティアをしました。日本語を勉強している学生のお手伝いをします。私が参加した時は「ていねい語」についての授業でしたが、自分の母語が外国語として客観的に教えられている様子が興味深かったです。学生たちの書くひらがなは綺麗で、話す言葉もとても上手で、びっくりしました。
 次にハワイの皆さんの人柄です。私は約4カ月住んでみて、ハワイの人は日本人と違った優しさがあるとわかりました。日本人には気遣いや謙遜といった優しさがありますが、ハワイの人には友達のように最初から笑顔で接してくれるフレンドリーな優しさがあります。例えば、初対面でもすぐに打ち解けることができます。私は人見知りしてしまう質ですが、ハワイの人は初めから笑顔で接してくれるのですぐに仲良くなれます。また、私のホストファミリーはフィリピン系の家族なのですが、いつも賑やかで楽しそうです。フィリピン系の人はパーティーが好きです。今月は私の誕生日があり、誕生日とは別の日に2回も祝っていただき、今までで一番嬉しい誕生日でした。ハワイの人の温かさに日々感謝しています。


ホストシスターのマーチングバンドにて(アロハスタジアム)


八百屋さんにて 見たことない野菜を沢山売ってました!そして安い!


折り紙ボランティアにて 友人達が分かりやすく教えています