検索
メニュー
メニュー

日本語能力試験に合格しました!喜びの声とメッセージの一部をお届けします。

  • イベント実施報告&告知
FODOR NIKOLETT(フォドル・ニコレット)ハンガリー出身 
 日本語能力試験N3合格の知らせを受け、とても嬉しく思っています。昨年の夏、同じレベルを受けましたが、わずか4点足りず、不合格だったのです。しかし、この半年間、日本に留学し、JIUで毎日日本語を練習したことで、ついに合格を手にすることができました。今年の夏には、N2を受けるつもりです。それまでに一生懸命勉強し、多くの漢字と文法を学ばなければなりません。
 また、昨年12月の「千葉県在住外国人による日本語スピーチコンテスト」に参加し優秀賞を受賞したことは、多大な自信となりました。将来は日本で仕事を見つけたいので、今度のN2に合格するために一生懸命努力します。日本語で直接話すこともとても重要だと思います。JIUや鴨川市企画の外国人向けイベント、「おしゃべりカフェ」などに参加し、日ごろから日本語を自然に使う努力をしています。



ESZTER NAGY(ナジ・エステル)ハンガリー出身 
 ハンガリーから来ましたナジ・エステルと申します。現在は、城西国際大学 観光学部で学んでいます。留学前に立てた目標は、日本語能力試験に合格することです。2012年に、ハンガリーでN3に合格しました。日本語を再度、専門的に勉強できるまで長い時間が経ってしまいましたが、その間、日本語を忘れることはありませんでした。日本語の歌を聴いたり、映画やアニメを見たり、日本人の友達と話したりして、普段から日本語に触れるように心がけていました。でも、日常使うことのない漢字などは少し忘れてしまいました。
 昨年9月に日本へ留学し、JIUで勉強しながらすぐに12月の日本語能力試験N2をチャレンジして合格しました。日本語の歌を多く聞いていたので、聴解には自信がありましたが、試験の時はやはり緊張して難しかったです。文法と漢字も、きちんと勉強しなければならないことに気づきました。日本に留学して、毎日日本語を使い、徐々に漢字にも慣れてきました。漢字の理解や読み方の練習として、日本語の本を読むことが大切だと思います。知らない漢字の意味を調べ、書く練習を続けて努力をしていきたいです。これからも夏のN1合格を目指して頑張ります!



王 宏瑞(オウ コウ ズイ)中国出身
 3年生の王宏瑞と申します。昨年12月の日本語能力試験N1に合格しました。本当に嬉しいです。以前もN1試験に挑戦したことがありますが、その時は失敗しました。その後は、日本語の勉強方法やトレーニングを日々積み重ねてきました。この経験で一番重要だと感じたのは、語彙の量を増やすことです。毎日単語を10個ぐらい暗記し続けることで、自分の意志力も鍛えられ、役に立つ方法です。日常生活では、よく周りの人と日本語で交流しています。これは、コミュニケーション能力を上げることにもつながります。
 試験1カ月前から大量の過去問演習を行いました。過去問の練習は学んだ知識をさらに深く理解することができ、一番役に立つ復習方法です。勉強する過程は長いですが、諦めないことも成長する過程です。本番試験の時に、慌てず落ち着いて受けられることが大切です。
今学期のもう一つの収穫は、「第11回千葉県在住外国人による日本語スピーチコンテスト」に参加し、審査員特別賞を受賞したことです。この経験を通して、大きな自信を獲得しました。次の新たな目標は、今年の9月に旅行業務取扱管理者の資格を取ることです。来学期も気を引き締めて頑張ります!