【JASSO海外留学支援制度】2019年度 観光学部 海外研修(イギリス)【事前学習の様子】

  • 海外研修
※本研修は、日本学生支援機構(JASSO)海外留学支援制度として採択されたプログラムで、
対象者には1名8万円が給付されます。

イギリスに学ぶ観光資源の活用法とは?

 この研修では、ロンドンの西方約200㌔に位置する世界遺産都市バースを研修拠点に、
観光振興の仕組みを学びます。
 イギリスは、日本の本州とほぼ同等の面積であり、国土、首都圏の交通網の充実、人口に対する国内空港数など日本との共通点が多々あります。一方で、観光資源の活用のされ方はどうでしょうか。例えば、イギリスでは、休日や週末にロンドン近郊の観光地へ多くの人々が癒しを求めて訪れる文化が根付いています。バース市もその一つです。ローマ時代から温泉地として知られるバースは、昔からロンドンの人々の保養地として愛されてきました(ちなみに「お風呂のバス(Bath)」は、この地名が語源になったといわれています)。本研修では、バースをはじめ、古代遺跡のストーンヘンジ、特別自然景観地域指定のコッツウォルズ、英国最古の大学街オックスフォードなどを訪れ、いかに歴史・伝統ある資源が保護され、付加価値を高めて魅力あるものとして再発信され有効活用されているかを現地で学びます。
次回は、現地から研修内容をお届けします!
 
【学生の声:観光学部1年 國分 葵さん】


 「事前研修では、研修訪問先を5カ所に分け、参加者の中から代表者がそれぞれの項目について事前に調べ、パワーポイントを用いて発表しました。私は、代表でコッツウォルズとストーンヘンジの概略について発表をしました。この発表に向け調べていく中で、いかに歴史的な景観や古代遺跡という存在が人々を惹きつけ、これまで大切にされてきたのかを知ることができました。そして今、実際に訪問して現地で学ぶことができることをとても待ち遠しく感じています。
 私は来年度の長期留学を申請しています。イギリス研修を通して経験した事や学んだ事を、長期留学へと繋げたいです。イギリスでの約1週間、自主的に学び有意義な研修となるように取り組みます!」


事前学習の様子①


事前学習の様子②