【JASSO海外留学支援制度】2019年度 観光学部 海外研修(イギリス)【研修前編:バース、ストーンヘンジ、コッツウォルズ】

  • 海外研修

イギリスに学ぶ観光資源の活用法とは?


※本研修は、日本学生支援機構(JASSO)海外留学支援制度として採択されたプログラムで、
対象者には1名8万円が給付されます。


 
 この研修では、ロンドンの西方約200㌔に位置する世界遺産都市バースを研修拠点に、
観光振興の仕組みを学びます。
 イギリスは、日本の本州とほぼ同等の面積であり、国土、首都圏の交通網の充実、人口に対する国内空港数など日本との共通点が多々あります。一方で、観光資源の活用のされ方はどうでしょうか。例えば、イギリスでは、休日や週末にロンドン近郊の観光地へ多くの人々が癒しを求めて訪れる文化が根付いています。バース市もその一つです。ローマ時代から温泉地として知られるバースは、昔からロンドンの人々の保養地として愛されてきました(ちなみに「お風呂のバス(Bath)」は、この地名が語源になったといわれています)。本研修では、バースをはじめ、古代遺跡のストーンヘンジ、特別自然景観地域指定のコッツウォルズ、英国最古の大学街オックスフォードなどを訪れ、いかに歴史・伝統ある資源が保護され、付加価値を高めて魅力あるものとして再発信され有効活用されているかを現地で学びます。

【学生の声:観光学部1年 清水 香那さん】


 「このイギリス研修では、様々な場所を訪れました。まずバースでは、現地の大学やローマ浴場博物館、バース寺院へ行き、これらの他にも世界遺産のストーンヘンジ、コッツウォルズにも行きました。外国人観光客への対応として、英語だけではなく、多言語でのガイドや、ガイドマップなども用意されていました。外国人観光客への対応力がとても高く、世界各国から観光客が訪れる理由がわかりました。
 イギリスの人は、とてもフレンドリーで会話に挑戦する機会がたくさんあり、対面すると緊張するという今までの課題が少し克服できました。同時に、さらに話せるようになりたいという勉強への意欲も湧きました。異文化に触れ、多くの刺激を受けることができ、充実した研修となっています。次のオックスフォード、ウィンザー城、ロンドン研修も楽しみです!」



1. バース研修【バーススパ大学(Bath Spa University)キャンパスツアー①】


2. バース研修【バーススパ大学(Bath Spa University)キャンパスツアー②】


3. バース研修【バーススパ大学(Bath Spa University)キャンパスツアー③】


5. バース研修【バース寺院(Bath Abbey前で】


6. バース研修【バース寺院天井部分(石造り)】


7. バース研修【バース市内を歩く】


8. バース研修【ロイヤルクレセント(Royal Crescent) 前】


9. バース研修【ローマ浴場】


10. バース研修【現在でも湧き出る46℃の源泉】


11. ストーンヘンジ【ビジターセンター到着】


12. ストーンヘンジ【約5000年前にできたとされる巨大な石の建造物群】


13. コッツウォルズ研修【イギリスで最も美しい街と称されるバイブリー(Bibury)景観保全地区】


14. コッツウォルズ研修【全体写真】


15. コッツウォルズ研修【ナショナルトラスト(National Trust)登録についての説明を受ける様子】


16. コッツウォルズ研修【ヘンリー・フォード(Henry Ford)が所有を切望したとされる建物前で】


17. コッツウォルズ研修【小さな商店が並ぶバーフォード(Burford)のメインロード】