検索
メニュー
メニュー

観光ゼミナール紹介④柴崎ゼミ(国際観光)

  • ゼミ活動
  • SDGsへの取り組み

 


 私たちのゼミでは、国際的な視点から観光を掘り下げ、「国際」と「観光」というキーワードで比較研究をしています。メンバーの多くが国際的なバックグラウンドを持っており、これまで長期留学や海外でのインターンシップにも積極的に参加してきました。留学先もハワイ、中国、韓国と多彩です。台湾の台北城市科技大学で授業を受講しながら、老舗高級ホテルの台北圓山大飯店で有償インターンシップに取り組んだ学生もいます。また、フィリピンで生まれ育ち、中学校から日本で教育を受けた学生もおり、目下「フィリピンのスラムツーリズムの現状と課題」というテーマで卒業論文を書き進めています。
 このように多様なバックグラウンドや価値観を持つ学生が集まり、これまで「国際」「観光」といったテーマについて、それぞれの視点から議論を重ねてきました。現在、それをもとに、各自がユニークなテーマを設定し、卒業論文に取り組んでいます。個性的で、多様性に富んだ卒業論文を完成させるものと期待しています。これまで培ってきたこの多様性が、今後新しい価値作りに生きていくことでしょう。

【ゼミ生の声】
 こんにちは!ゼミ長の4年生の鈴木恋華です。私は2年生の時にハワイのリーワード・コミュニティ・カレッジに、日本学生支援機構(JASSO)の奨学金を得て、長期留学をしました。ハワイでは、国際交流の楽しさと、お互いの文化を尊重することを学びました。それらの経験を、ゼミ活動の一環として「留学体験発表会」などで後輩に伝える活動をしています。経験したことを自分の言葉でわかりやすく他者に伝える、といった技術は、思っていたよりも難しいと気づいたのと同時に、それが就職活動に役立ったのは驚きでした。現在取り組んでいる卒業論文では、ハワイが観光地としてブランド化に成功した要因を、グアムのそれと比較しながら研究しています。卒業後は、観光やビジネスのお客様に直接接客する仕事に就きます。新型コロナが収束すれば、よりグローバルなお客様にも対応することになると思います。大学で学んだことを存分に活かし、日本の観光を盛り上げていきたいです!(4年生 鈴木 恋華)
 
* 写真はすべて2019年度以前のものです
写真1 台北圓山大飯店でのインターンシップの様子(向かって左が戸田さん)
 
写真2 ハワイ留学中にインターンシップに取り組む鈴木さん(向かって左が鈴木さん)
 
写真3 ゼミでは楽しく学ぶことをモットーとしています